logo

株式会社サンシャインエンタプライズ、4月19日(飼育の日)より 動物園・水族館✕オムニチャネル 日本初のWEBビジネスを開始

株式会社サンシャインシティ 2017年03月24日 13時00分
From PR TIMES

全国に150以上ある動物園・水族館と人とを繋ぐWEBコミュニティやアミューズメント型ECサイトを展開

株式会社サンシャインシティ(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:鈴木 誠一郎)の運営する大規模複合施設「サンシャインシティ」内のアミューズメント施設の運営・管理を行う株式会社サンシャインエンタプライズは、「サンシャイン水族館」や「しながわ水族館」のこれまでの施設運営で培った知見と、1万人の消費者アンケートによるお客様の“声”を基に、「いきもの」に特化した日本初のWEBビジネス事業(WEB新サービス群『いきものぱる』)を発案しました。



4月19日(飼育の日)より、時間的・地理的制約をうけることなく全国の動物園・水族館と人とを“ココロ動かす、発見がある。”で繋げるWEBコミュニティ『いきものAZ(エーゼット)』と、「いきもの」に特化したこだわりのアイテムを取り扱うアミューズメント型ECサイト『いきも~る』のサービスを開始いたします。


[表: リンク ]


[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


本事業は、株式会社サンシャインエンタプライズが従来の施設運営の枠を超え、全国の150以上の動物園・水族館(以下、園館)や各施設のリピーターと協働して、いきもの達の魅力をより多くの方々に知っていだたき、全国のいきもののファンを増やす目的に展開する新規プロジェクトです。

『いきものAZ』サービス開始時には、特徴のある展示をしている園館、はたまたSNSに注力している園館など12園館(参加園館は下記の通り)が参加いたします。将来的には、毎年全国の園館に来館される6~8千万人のプラットフォームとして人々を繋げるサービスを目指すことで、全国のリアル園館へのO2O効果(*1)の最大化や、同時に進めているECサイト『いきも~る』への流入、さらにはこのプラットフォームを活かした新たな収益源を見出していきます。「いきもの」と動物園・水族館の新しい楽しみ方にご注目ください。

(*1)O2O効果とは、ネット(オンライン)でユーザーに価値ある情報を提供することで、園館(オフライン)への誘引につなげることを指します。

<初期参加園館>※50音順
旭山動物園/足立区生物園/越前松島水族館/江戸川区自然動物園/おたる水族館/桂浜水族館/神戸どうぶつ王国/サンシャイン水族館/しながわ水族館/なぎさ水族館/那須どうぶつ王国/登別マリンパークニクス



【動物園・水族館×オムニチャネルとは?】

複数の顧客接点を連携させ、顧客の体験価値を高める取り組みです。

[画像6: リンク ]


これまでリアルでしか成立しなかったいきものとの接点を、園館(リアル)だけでなくWEBコミュニティ、ECサイトなど、いきもので繋がるオムニチャネル化を推進することでロイヤルカスタマーの増加に繋げ、いきものファンを増やしていくことを目指します。
(例:自分が好きないきものを登録すると、そのいきものに関するSNSの投稿記事がタイムライン上に表示されたり、ECショップで売られている好きないきものグッズがSNSに自動で連携される等、好きないきものを軸に複数のチャネルを通じて、+αの情報を提供し、体験価値を高めます。)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事