logo

親子の“ほおずり” を通じて素肌が持つ力を描いたWeb動画を公開

株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン 2017年03月24日 12時01分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月24日

株式会社 ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン

親子の“ほおずり” を通じて、素肌が持つ力を描いたWeb動画を制作

現代のワーママは、わが子より、一日平均約1.4倍も長い時間
スマホと“ほおずり”していたと判明
「ほおずりの真実  - 誰と一番ほおずりしてますか?」
2017年3月24日(金)からYouTubeで公開

心理学的にも認められている“ほおずり”で強くなる母子の絆効果
SNSを使ったキャンペーンも同時スタート
#ほおずりアルバムの写真を募集 「スマホでほおずりを残そう」


 スキンケアメーカーの株式会社 ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D. JAPAN/東京都港区 代表取締役CEO 野田泰平)は、母子が “ほおずり” の大切さを再確認する様子を記録したWeb動画「ほおずりの真実- 誰と一番ほおずりしてますか? 」を制作、3月24日(金)よりキャンペーン専用公式サイトとYouTubeにて公開します。

「素肌には、想像以上の力がある」と考える同社では、本動画に登場するような“ほおずり”をする親子の温かいコミュニケーションのように、素肌が生み出す力の可能性をより一層高めるべく、美しい素肌作りを提案していきます。

■キャンペーン専用公式サイトURL : リンク
■動画URL: リンク

【動画: リンク

 育児をしながら働く女性が増えている今日、母親が子どもと過ごす十分な時間を確保することは困難になりつつあります。本企画は、働くママである、お客様の「素肌がもっときれいなら子どもといつでも“ほおずり”できるのに」という声をきっかけにスタートしました。 “ほおずり”について調査を進めると、現代のワーママを取り巻く状況を示唆する事実が判明。多くの働くママが、自分の頬を長い時間触れさせているのは、わが子ではなく、実はスマホであったことが明らかになりました。スマホとの”ほおずり”(通話)時間が1日平均6.6分だったのに対し、子どもとの”ほおずり” の平均時間はたったの4.7分という結果に。この事実に、動画制作にご協力いただいた出演者全員が驚くと同時に、納得した様子を見せていました。

【画像: リンク

 今回の動画は働くママとそのお子さんという実際の母子にご出演いただいています。子供のうれしそうな様子や、愛情溢れる母親ならではの表情など、生の表情にもご注目ください。見ているだけで”ほおずり”が持つ力が伝わってきます。


<動画制作の背景>

 同社はファンデーションを必要としない美しい素肌作りを提案しています。これに共感した、働くママである、一人のお客様の「我が子を保育園に迎えにいったとき、一番に抱きしめてほおずりしてあげたいのに、ファンデが気になってつい顔を遠ざけてしまうんです。ファンデが必要ない肌ならいつだってほおずりできますね」という声をきっかけに動画の制作はスタートしました。 現代のママを取り巻く素肌の環境と“ほおずり”に着目。”ほおずり“を応援することで、改めて、素肌が持つ力を伝えていきたいと考えました。

●動画タイトル : 『ほおずりの真実 -誰と一番ほおずりしてますか?』(3分10秒) 
●公開日 : 2017年3月24日(金)12:00
●URL    : リンク


<SNSキャンペーン #ほおずりアルバム>

子どもにもママにも効果がある“ほおずり”を、ファンデーションに邪魔されることなく、素肌で思いっきり楽しんでいただきたいとの願いを込め、ほおずり投稿キャンペーンをスタートします。大切な方との “ほおずり”写真にハッシュタグ「♯ほおずりアルバム」を入れてInstagramに投稿するだけ。抽選で素敵なプレゼントもご用意しております。


<インタビューをした母子では、ママたちは子どもより約10倍も長くスマホとほおずりしていた>

□米田さん 母46歳/息子4歳  子供=約3分、スマホ=15分未満(※)
保育園から戻ってきた時、私が家事とかに夢中でいると、息子の方から「ママ、忘れてるよ」と寄ってきて、ほおずりします。そうするだけで、カリカリしていた気持ちが吹き飛んで、私も子供もやさしい気持ちになれるので、幸せな時間を増やしていきたいと思います


□坪田さん 母36歳/息子6歳  子供=1分未満、スマホ=10分未満
子供を叱った時とか、ギュッと抱きしめてほおずりしたりします。ただ、毎日仕事と家事に追われていて、ゆっくり触れ合う時間が取れないのが現実ですね。
最近『もうお兄ちゃんなんだから』と言うことがありますが、今回、ほおずりしている時の嬉しそうな顔を見て、まだまだ子供なんだなと実感しました。ほおずりするとすごく安心できるので、そういう時間をもっと持てるようにしたいです。

□国井さん 母30歳/娘4歳  子供=1分未満、スマホ=約10分
普段、お仕事とかでメイクしている時は、子供のお肌が心配なので、どうしてもほおずりは控えめになりますが、大丈夫な時は自然と回数が多くなりますね。
ほおずりする時の娘の表情を見ると、安心しているのが伝わってきますし、私もすごく嬉しくて、愛おしさも高まるというか。子供が大きくなると嫌がられることもあると思いますが、めげずにほおずりを続けていきます。

□中村さん 母36歳/娘6歳  子供=1分未満、スマホ=10~15分
お仕事で慌ただしい日常と、子供が大きくなるにつれて、お互いに会話できるようになって、自然とほおずりする機会は減っていたのかもしれません。
でも、今回の撮影を通じて、ほおずりはお互いの体温を一番感じられて、母親としての幸せも味わえる最高のスキンシップだなと思いました。娘のすべすべつるつるのほっぺを、これからもたくさんスリスリしていこうと思います。

□いずみさん 母34歳/娘4歳  子供=1分未満、スマホ=10分未満
今までほおずりというスキンシップをそれほど特別視していなかったんですが、スマホと一番ほおずりしている時間が多いというのは、ちょっと寂しい気がしました。
娘はもちろん、2人の息子(小3、小2)も朝起きた時や寝る前にほおずりすると、すごくニコニコして喜んでくれるので、これをきっかけに、もっと子供たちにほおずりする機会を増やしたいですね。

※母親がほおずりする対象と、一日のうち、ほおずりしているおおよその時間


<ワーママたちの現実 「ママと子どものほおずり実態調査」>

 本動画の制作に先駆け、母と子のほおずり実態を探るべく、3歳以下の子どもを持つ20代から40代の働くママ(ワーママ)94人を対象に、子どもとのほおずり実態やその意識についてのアンケート調査を行いました。
 詳細はリリースをご覧ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。