logo

電通、国内向けデジタルソリューション開発運用体制の強化のため、ベトナムに「電通テクノキャンプ」を設立

株式会社電通 2017年03月24日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月24日

株式会社 電 通

電通、国内市場向けデジタルソリューション開発運用体制の強化・拡充を目指し、ベトナムに新会社「電通テクノキャンプ」を設立

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役副社長執行役員:中本 祥一、資本金:746億981万円)は、日本国内市場向けデジタルマーケティング領域でソリューション開発運用体制を強化・拡充するため、ベトナムのEVOLABLE ASIA CO., LTD.(本社:ホーチミン市、代表取締役社長:薛 悠司、以下「エボラブル・アジア社」)との共同出資により、同国に新会社「DENTSU TECHNO CAMP CO., LTD.」(本社:ホーチミン市、以下「電通テクノキャンプ」)を設立し、4月1日より営業を開始します。

 新会社設立の背景には、成長市場であるデジタルマーケティング領域でのビジネスの拡大があります。また、少子高齢化の進む日本市場においてはプログラマーやシステムエンジニアなど開発者の減少も懸念され、人的リソースの確保も課題になっています。そこで、最新のデジタルテクノロジーに習熟し、効率的かつ安定的に多種多様なソリューション開発運用業務に対応できる組織の必要性が論じられてきました。具体的には、ウェブサイトやシステム、スマートフォンアプリなどのソリューション・ニーズの増大に対し、サービス設計・画面仕様作成・デザイン・コーディング・画像加工・検証などを統合したサービスのオペレーション体制の強化・拡充が急務となっています。

 デジタルマーケティング領域の強化を目指す当社と、既にベトナムでITオフショア開発のサービス事業を手掛け、更なる業務拡充を目指すエボラブル・アジア社の構想が合致したことから、互いにノウハウとリソースを提供し合うJV(ジョイントベンチャー)を共同で設立することにしました。

 今後も当社グループは、新会社「電通テクノキャンプ」およびエボラブル・アジア社との連携により、デジタルマーケティング領域における競争力の強化と、より付加価値の高いサービスの提供に努め、成長戦略を加速させていきます。

 なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

【新会社の概要】
・社   名 :DENTSU TECHNO CAMP CO., LTD.(電通テクノキャンプ)
      URL:www.dentsu-tc.com
・所 在 地 :9F Saigon Finance Center, 9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, HCMC
・設     立 :2017年3月15日
・営業開始:2017年4月1日
・資 本 金 :2億円(電通90%、エボラブル・アジア社10%)
・代 表 者 :社長兼CEO 新井 祐一(現 (株)電通 デジタルマーケティングセンター部長)
・事業内容:デジタルマーケティング領域におけるソリューション開発運用などソフトウェア開発業務

以 上

【本件に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション室 広報部
        長澤 TEL:03-6216-8041



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。