logo

海外「サラリーレポート」アメリカ編・ブラジル編2017年版発売


 株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅誠一)は、毎年ご好評をいただいている「日系企業における現地スタッフの給料と待遇に関する調査」のアメリカ編・ブラジル編2017年版レポートを発売しました。

この調査レポートは米国・ブラジルそれぞれについて、当該地に進出している日系企業から寄せられた現地スタッフに関する最新のデータを基に、職種別給与支給額や昇給率、ボーナス水準、各種手当や福利厚生など給与面と待遇面の実態を、業種別などの切り口でまとめたものです。

詳しくはこちらをご覧ください。
リンク

今回はアメリカ編149社、ブラジル編は過去最多の71社にご協力いただき、工場スタッフや運転手などを含む合計31職種の給与データを掲載しております。

今回の調査の結果、ここ数年横ばいで推移してきた米国の昇給率は、2016年度に平均で3%台の上昇が見られました。ただ、17年度は2%台に下降する見通しです。一方、ブラジルの昇給率は16年度の8%台から、17年度は7%台に低下する見込みです。3年連続の減少となりますが、引き続き高水準を維持しそうです。

本レポートの特長は
●全31職種の給与水準を地域別・業種別(アメリカ編)、進出形態別・業種別(ブラジル編)にグラフで分かりやすく分析しています。
●調査時点で企業が実際に現地スタッフに支給している給与など最新データを収録しています。
●ボーナス・各種手当など給与の内訳や個別の詳細なデータも掲載しています。
●2016年の平均昇給率や2017年の従業員数増減予測も公開、事業計画の策定に役立ちます。

 現地での優秀な人材の確保と適切な人件費との兼ね合いなどにお悩みの人事担当者様、ぜひ本レポートをご活用ください。価格は各編とも45,000円(税抜き)です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事