logo

アッサ・アブロイ、Magic xpiによるシステム連携でインダストリー 4.0ソリューションを導入

2017年 3月7日、イスラエル– エンタープライズモビリティ、クラウドアプリケーション、そしてビジネスインテグレーションのためのソフトウェア・プラットフォームのグローバル・プロバイダーである、マジックソフトウェア・エンタープライゼズ(NASDAQ and TASE: MGIC)は, 本日、スイスのロックシステムとセキュリティ技術の世界的リーダーであるアッサ・アブロイ社が、KESOキー用の完全自動化された新しい製造システムの中心にMagic xpi Integration Platformを導入したことを発表します。このインダストリー 4.0ソリューションは、より迅速かつ効率的な生産を可能にします。

製造プロセスをデジタル化するために、アッサ・アブロイ社は以前に生産ラインで使用されていた20の別々の掘削機を2台の新しいデジタル掘削機に置き換えました。旧システムでは、機械オペレータはジョブボードを使用して手動でデータを入力する必要がありましたが、新システムではバーコードに基づいて関連データをマシンに自動的に送ります。Magic xpi Integration Platformは、同社のInfor ERP、MS Dynamics CRMをカスタマイズした生産情報システム、および独自のロック マネジメント システムからの関連情報をXMLファイルに統合します。デジタル製造プロセスにより、作業配置から納品までの期間が大幅に短縮され、カスタマイズされた製品をより迅速かつ確実に提供することが可能になりました。

「Magic xpiは、プロジェクトを素早く簡単に完了するのに理想的な連携ソリューションです。コードフリーのドラッグ・アンド・ドロップ手法と構築済みのMS Dynamicsコネクターにより開発時間が短縮されました」(アッサ・アブロイ(スイス)事業開発マネージャー、アーウィン・フックス(Erwin Fuchs)氏) 「Magicの連携ソリューションは、インダストリー4.0のランドスケープの中心に位置しており、将来的に拡張可能で、持続可能な競争上の優位性を提供しています。」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事