logo

音声ニュースアプリ「アルキキ」がスマホリモコン「KKP(くるくるピ)」と連携

株式会社朝日新聞社 2017年03月23日 11時26分
From PR TIMES

スマホリモコンでクルマの中でも安全、簡単にニュースが聞ける

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長: 渡辺雅隆)は、3月23日、音声ニュースアプリ「アルキキ」のスマホリモコン「KKP(くるくるピ)」連携バージョンを、App StoreとGoogle Playに公開しました。「KKP(くるくるピ)」と連携させることで、スマートフォンを手に持たない状態で、アルキキの起動から再生、進む、戻る、ボリューム調整までが手元でできるようになります。



スマホリモコン「KKP(くるくるピ)」は株式会社デンソー(代表取締役社長:有馬浩二)が開発したデバイスで、直径5cmほどの丸いステアリングスイッチのような形状をしています。中央部のダイヤルをくるくる回して、ボタンをクリックすることで、スマートフォン端末にインストール済みのKKP連携アプリを親指だけでシンプルかつ直感的に遠隔操作できます。スマートフォンを手に持って使えない場面、例えば、クルマの中や会議中などでのアプリ利用をサポートします。

アルキキは、「朝は忙しくて新聞を読む時間がない、けれども大事なニュースは知っておきたい」ビジネスパーソンに向けたスマートフォン向けアプリとして昨年4月に公開しました。通勤中、歩いている時や満員電車の中など、スマートフォン画面が見られない時でも「新聞記事を音声化したニュースが聞ける」のが特徴です。

今回スマホリモコン「KKP(くるくるピ)」と連携することで、「スマートフォン画面が見られない場面」での更なる利用促進を図ります。もちろん、アルキキ+(プラス)機能(アプリ内課金)を利用することも可能で、毎日100本を超える速報ニュースをカスタマイズして聞くことができます。

通勤時間帯に限らない、「新聞を聞く」という新しい体験を提供し、一人でも多くの利用者に満足していただけるよう、これからも取り組んでいきます。

※スマホリモコン「KKP(くるくるピ)」のソフトウェアは株式会社デンソーとXevo株式会社との共同開発です。ハードウェアの設計・製造・販売を手掛けるのは、株式会社Braveridge(ブレイブリッジ)となります。
※KKP連携アプリをスマホリモコン「KKP(くるくるピ)」で操作するためには、ランチャーアプリである「Spin n’Click」が必要です。

【アルキキのアプリ概要】
名称: 新聞を聞く - アルキキ いつでも簡単音声ニュース
価格: ダウンロード無料(アプリ内課金あり。通信料は利用者の負担となります)
対応OS: iOS8以降、Android4.4以降

□App Store: リンク
□Google Play:リンク
□アルキキ公式ページ: リンク
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。