logo

フューチャーアーキテクトとエービーシー・マートがIT全般の戦略パートナーとして提携

~ITパフォーマンスの最大化と競争優位を高める次世代システムの企画・実現で協力~

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二、以下フューチャーアーキテクト)と株式会社エービーシー・マート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口 実、以下ABCマート)は、IT全般のパフォーマンスと経営への貢献を最大化し、競争優位を高める次世代システムの企画、設計、構築、運営で協力する戦略パートナーとして提携することに合意しました。



[画像: リンク ]

フューチャーアーキテクトは2005年以降、ABCマートの店舗業務を支える基幹システム「ABC-Mart Retail System(以下ARS)」の構築やARSのクラウド化による保守運用コストの15%削減などを実現してきました。両社が提携したことにより、今後はプロジェクト単位ではなくABCマートのIT戦略全般に関わる企画、設計、構築、運営に参画します。

フューチャーアーキテクトとABCマートは、変革の中長期的なテーマと短期的な対象を共有し、成長戦略の実現に向けてビジネスとITの両輪で協力していきます。2017年は「店舗・ECの連動による顧客利便性の向上」、「在庫データの共有によるチャンスロスの極小化」、「メーカーとの双方向連携による業務の効率化」を重点ポイントとして店舗・ECの単店の販売力の底上げと、店頭の品揃えと商品調達力の強化を図ります。

■エービーシー・マート 代表取締役社長 野口 実のコメント
フューチャーアーキテクトからは、これまでもITベンダーに中立的な立場で、最新の知見を活かし、かつコストとパフォーマンスのバランスが取れた提案を頂いており、このような長年の成果・実績を評価して今回の提携に至りました。フューチャーアーキテクトは、佐川急便株式会社の基幹システムリプレースや、株式会社ローソンのシステム刷新など、ビジネスが急激に成長する企業のシステム構築に実績があります。その強みを発揮してABCマートのさらなる成長に貢献して頂ける事を期待しております。

■フューチャーアーキテクト 代表取締役社長 東 裕二のコメント
国内906店舗、海外235店舗(2017年2月末時点)を展開するABCマートは、国内1200店舗を目指し年間60店舗を出店し続けています。また、2020年に向け、消費者を中心としたIT革新の流れを踏まえたオムニチャネル戦略の強化やさらなる需要創出のための新業態事業に挑戦しています。フューチャーアーキテクトは10年以上の協力関係にあるABCマートのIT全般の戦略パートナーとして、ABCマートの成長をより一層加速させるべく尽力していきます。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者 : 代表取締役会長 金丸 恭文 、代表取締役社長 東 裕二
設立 : 2016年4月1日
資本金 : 3億円
事業内容 : ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。