logo

マイクロソフトとトヨタ自動車が特許ライセンス契約を締結消費者のコネクテッドカー体験を向上

マイクロソフト 2017年03月23日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

マイクロソフトとトヨタ自動車が特許ライセンス契約を締結消費者のコネクテッドカー体験を向上

AsiaNet 67911

ワシントン州レドモンド2017年3月23日 /PRNewswire-AsiaNet/ -- マイクロソフトは本日、トヨタ自動車株式会社と広範なコネクテッドカー関連テクノロジーを包含する新たな特許ライセンス契約を締結したことを発表しました。本契約は、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」 ベースの Toyota Big Data Center を含む、トヨタとマイクロソフトの強力なパートナーシップに基づくものです。

写真:リンク

マイクロソフトのコーポレート・バイスプレジデント(知的財産担当)であるエリック アンダーソン (Erich Andersen) は次のように述べています。「マイクロソフトは年間 114 億ドルを研究開発に投資し、30年以上にわたり今日のコネクテッドカーを支える革新的テクノロジーを開発してきました。テレマティクス、インフォテインメント(車載システム)、セーフティシステムをはじめとする多くの分野でマイクロソフトのテクノロジーとイノベーションが活用されています。マイクロソフトは自動車を造っていませんが、自動車メーカーと緊密に連携してお客様の声に応えられるよう支援しています。本日、パートナーであるトヨタ自動車への特許技術のライセンスについて発表できることを大変うれしく思っています。」

トヨタ自動車の先進技術開発カンパニー(知財・技術渉外担当)常務理事の野村得之氏は、次のように述べています。「今、自動車業界はとてもエキサイティングな時代を迎えています。自動車メーカーは、最も素晴らしく、魅力的なコネクテッドカーの体験を作り出すために、マイクロソフトのようなテクノロジリーダーと協業すべきだと考えます。今回のトヨタとマイクロソフトの特許パートナーシップにより、お客様に魅力的な新体験を提供するためのイノベーションをより迅速に実現することが可能になると思っています。」

マイクロソフトのIPライセンス供与に対するコミットメント
特許契約は、健全で活発な技術のエコシステムを構築する上で知的財産 (IP) が担う重要な役割のひとつです。マイクロソフトは、2003年12月にIP ライセンシングプログラムを立ち上げて以降、1,200件以上のライセンシング契約を締結してきました。マイクロソフトのライセンシングプログラムに関する追加情報は、リンク をご参照ください。


Microsoft Technology Licensing について
Microsoft Technology Licensing LLCは2014年に設立され、マイクロソフトの特許ポートフォリオを取得、管理、ライセンス供与しています。

マイクロソフト/日本マイクロソフトについて

マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。

日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

問い合わせ先: Microsoft Media Relations, WE Communications, +1 (425) 638-7777, rrt@we-worldwide.com


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事