logo

あすみんの「KUSANAGIエバンジェリストの名に懸けて」第二回「元居酒屋店長が、前回の反省を活かしPHP試験にリベンジしてみた」

就職に強いPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人PHP技術者認定機構(本社:東京都世田谷区、代表理事 吉政忠志)はあすみん氏のコラム「KUSANAGIエバンジェリストの名に懸けて」第二回「元居酒屋店長が、前回の反省を活かしPHP試験にリベンジしてみた」を公開しました。

KUSANAGIエバンジェリスト 岡田あすみサンの初級試験チャレンジコラムの第二回が掲載されました!初級試験を受ける方は参考になると思いますよ!

###
2017年3月11日。

今日は待ちに待ったあの日です。

そう、PHP技術者認定試験のリベンジの日でした。


ちなみに、最初に申し上げておきますと、まだ試験の結果はでていません。

今はちょうど、試験を終えたばかりでほっとしているところです。

今回のコラムでは、前回の「撃沈」の反省を踏まえて、テスト日までに行った自分の対策をお伝えいたします。


~アジェンダ~

・前回の撃沈の振り返り

・反省を活かし対策を練ったコツ・使った教材・勉強法など

・その他の勉強法

・まとめ

◆「前回の撃沈の振り返り」

もともと居酒屋店長で、11月にIT業界に入ったばかりの私は右も左もわからない状態でした。

そんな中で、上司から勧められたのが「PHP認定試験」です。

「これに受かっておけば、最低限のプログラミングの知識がわかるから」と。

IT業界への入り口のような意味合いで、この試験に挑戦することにしました。


(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事