logo

地球規模の伝染病により、唯一とり残されてしまった地球最後の男、ヨリック・ブラウンの旅を描いた傑作グラフィックノベルの邦訳版第2巻が早くも登場!

株式会社誠文堂新光社 2017年03月22日 13時51分
From PR TIMES

Graffica Novels(新レーベル名「G-NOVELS」)は、2017年3月14日(火)に、『Y:THE LAST MAN 2』を刊行いたしました。



[画像1: リンク ]


地球規模の伝染病により、唯一とり残されてしまった地球最後の男、ヨリック・ブラウンの旅を描いた傑作グラフィックノベルの邦訳版第2巻が早くも登場!

ある日突然、地球上からY染色体を持つすべての哺乳類が、地球規模の伝染病により瞬く間に死滅してしまった。ただひとり残されたヨリック・ブラウンは、離れ離れになってしまった恋人を探し求めて、ペットの猿アンパサンド、政府工作員「355」、遺伝学者のマン博士と共に旅を始める。なぜ彼は「地球最後の男」となってしまったのか…

第2巻では、国際宇宙ステーションに滞在していた宇宙飛行士の女性1人と男性2人を乗せた宇宙船ソユーズが、帰還の途につく。ヨリックは地球最後の男ではなくなってしまうのだろうか? さらに、アリゾナへと向かうヨリックたちは、高速道路インターステート40に築かれたバリケードによって足止めを食らってしまう。そこにいたのは、アメリカ政府に恨みを抱く民兵組織“アリゾナの息子”だった…

近年、トップクラスの人気を獲得したコミックブックシリーズのひとつで、アメリカコミック界で最も権威のある「アイズナー賞」の3部門を受賞。世界的ベストセラー作家スティーヴン・キングをはじめ批評家からも絶賛された傑作中の傑作。

巻末には、原作者ブライアン・K・ヴォーンによる本書収録の「第18話(Safeword:第1章)」脚本全文の邦訳を掲載。
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


【著者プロフィール】
(作)ブライアン・K・ヴォーン
ニューヨーク大学在学中からプロとして活動し、バットマンからXメンまで、DCやマーベルの主要キャラクターのストーリーを執筆。現在米国で最も高い評価を受けているグラフィックノベルの原作者のひとりで、TVプロデューサーとしても『LOST』や『アンダー・ザ・ドーム』を手がけている。代表作はハーベイ賞、アイズナー賞、ヒューゴー賞を受賞した『サーガ』など。

(画)ピア・ゲラ
米国ニュージャージー州生まれのカナダ人アーティスト。様々な独立系コミックやゲームマニュアルを手がけたのち、2001年より、『Y:THE LAST MAN』の作画を担当。同作品の成果が称えられ、カナダのコミックアーティストに贈られるシャスター賞を受賞した。

(訳)江原健
東京外国語大学大学院修了。翻訳会社にて翻訳コーディネーターとして勤務した後、2014年よりフリーランス。産業翻訳のほか、『Y:THE LAST MAN』などグラフィックノベルや映画メイキング本の翻訳も多数手がけている。

【書籍概要】
書 名:『Y:THE LAST MAN 2』
著 者:(作)ブライアン・K・ヴォーン、(画)ピア・ゲラ
仕 様:B5判、320頁
定 価:2,800円+税
配本日:2017年3月14日(火)
ISBN:978-4-416-61720-5
発 行:Graffica Novels(新レーベル名「G-NOVELS」)
発 売:株式会社 誠文堂新光社

【書籍のご購入はこちら】
Amazon:リンク

【書籍に関するお問い合わせ先】
Graffica Novels(新レーベル名「G-NOVELS」)
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
TEL:03-5800-5779
ツイッター:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。