logo

朝起きるのに必要なのは今や目覚まし時計じゃない!? アラーム設定にも工夫あり~くらしの「気になる!」を徹底調査「SUUMOなんでもランキング」~

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年03月22日 13時36分
From Digital PR Platform


▼朝、時間通りに起きるために工夫していることはなに?
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
朝のアラームは目覚まし時計より携帯を利用!アプリなど携帯ならではの工夫をしている人多数
――――――――――――――――――――
あなたが朝時間通りに起きるために工夫していることは?(複数回答可)

【結果】
1位 携帯・スマートフォンのアラーム 56.4%
2位 目覚まし時計 29.7%
3位 自然光が入るようにする 7.1%
4位 人に起こしてもらう 5.3%
4位 毎日決まった時間に寝るようにする 5.3%
6位 睡眠周期を意識する 2.7%
6位 その他 2.7%
8位 テレビのタイマー 2.1%
9位 エアコンのタイマー 0.3%

※上位9位まで掲載



春、ぽかぽかと気持ちのいい季節がやってきました。「春眠暁を覚えず」と故事にもありますが、春の夜は心地よく、つい寝過ごしてしまいそうですよね。でも、普段どおり学校も会社もあるわけで……つい寝坊してしまいそうな朝、時間通りに起きるにはどうすればいい? 今回は、いろいろな人の寝坊対策を聞いてみました。

第1位は「携帯・スマートフォンのアラーム」で、2位の「目覚まし時計」(29.7%)を大きく上回り、半数以上が回答しました。わざわざ目覚まし時計を買わずとも手持ちの携帯を利用する人が多いのですね。「スマートフォンのアラーム音を着信音と同じにしている。その方が目覚ましの音より目がさめるのが早い」「アプリを使用して、寝相などで起きやすい時間に鳴らしてもらう」「バイブレーションも作動するように設定し物理的にも起きられるようにしている」など、携帯ならではのコメントも多かったです。

また、アラームの設定については、「ハードロックの曲をセットする」という人もいれば、「うるさすぎない音楽にしている」という人もいて、その設定方法も「起きたい30分前くらいから10分おきくらいにアラームをセットしている」「五分おきに3回」など、自分なりのルールを決めて寝坊対策をしているようです。

2位の「目覚まし時計」に関しては、「2つ用意してある」と数で勝負な人や、「時計と携帯の目覚ましを時間をずらして2つセットする。朝は出かけるまでにやることが多いので寝坊は絶対避けたい」「スマホで起きられないときのために、さらに10分あとにならす」というように、携帯と併用する人も。また、「(アラーム音を止めるために)計算問題を解かないととまらない」といった工夫をする人もいました。

3位は「自然光が入るようにする」(7.1%)。「絶対に起きないといけないときはカーテンを少し開けて寝る」「レースのカーテンのみにしている」など、自然の力を借りるのも効果的なよう。朝の光を浴びることは、脳や体を覚醒させ、やる気を引き出してくれる効果があると言われているので、理想的な起き方と言えるかもしれません。

4位は「人に起こしてもらう」(5.3%)。なんともうらやましい結果ですが、起こしてくれる相手は「嫁さんに起こしてもらう」「大事な用事の日は親に電話してもらう」「子どもがわりと早起きなので子どもに」などさまざま。4月から一人暮らしを始める人は、新生活の中で起こしてくれていた人のありがたみをしみじみと感じるかもしれませんね。

携帯電話が目覚まし時計を上回るイマどきな結果となった今回のランキング。一方、自然光で起きたり、規則正しい生活をするなどの昔からの方法も根強く残っているようです。 今月は「ひるね姫」など、「眠り」をテーマにした映画も公開されるなど、春はぽかぽか陽気でうっかり寝過ごすことも多い危険な季節。今回のランキングを参考に、自分なりの「これなら必ず起きられる!」というルールを見つけて、新しい生活をエンジョイしちゃってくださいね!

――――――――――――――――――――
「スヌーズ機能を利用」「子どもに起こしてもらう」「6時につくようテレビをセット」など
――――――――――――――――――――
・携帯・スマートフォンのアラーム:目覚める時間にかけてもすぐには行動できないので、余裕をもってアラームをかけてスヌーズ機能を利用する。(27歳・女性)
・目覚まし時計:腕時計と置時計のアラームを使用。テレビのタイマーと併用だが、少し時間をずらしている。(49歳・男性)
・自然光が入るようにする:外が明るくなったら分かるように遮光タイプのカーテンではなく、明るさが感じられるような素材と厚さにしている。(56歳・女性)
・人に起こしてもらう:弁当をつくるからという理由で子どもに起こしてもらう。(52歳・女性)
・毎日決まった時間に寝るようにする:12時になる前には必ず寝るようにしている。(33歳・女性)
・睡眠周期を意識する:寝不足にならないように周期を意識する。(49歳・男性)
・その他:目覚ましで起きたペットに起こしてもらう。(45歳・女性)
・テレビのタイマー:6時につくようにしている。(38歳・男性)
・エアコンのタイマー:目が覚めたときに気持ちよく起きるため。(49歳・男性)



<調査概要>
【調査実施時期】2016年9月30日~2016年10月2日
【調査対象者】全国の20~59歳までの男性208名・女性208名
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】416

文/荒川文乃 イラスト/藤井昌子

「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについ
てアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。

▼朝、時間通りに起きるために工夫していることはなに?
リンク

▼(前号)▼イベントの余興で盛り上げてほしいタレントは?
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク

▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事