logo

フィンテック業界初!クラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」が銀行APIと連携

~千葉銀行の口座照会機能を開発支援~

クラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」を運営するファストメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文)は、株式会社千葉銀行(本社:千葉県千葉市中央区、取締役頭取:佐久間英利)が提供する「ちばぎんアプリ」において、APIを利用した口座照会機能の開発支援を行いました。



「ちばぎんアプリ」はフィンテックを活用した顧客サービスとして、2016年6月にリリースしたスマートフォン向けアプリです。今回「口座照会機能」が追加されたことで、千葉銀行に口座を持つ個人のお客様は、アプリから4桁のパスコードを入力するだけでいつでも残高・入出金明細※を確認することができます。
※直近10明細を表示します。ただし、前月1日以降で、お通帳に記帳していない明細のみとなります。

先日、大手都市銀行からAmazon Web Services(AWS)の採用が発表され、フィンテック業界でクラウドサービスの活用が加速するとみられています。今回、銀行の自社アプリの開発においても、千葉銀行がクラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」にて、銀行APIと接続した「口座照会機能」を実装しました。自社アプリ開発のクラウドサービスを活用した銀行API連携はフィンテック業界初の事例となります。

クラウドサービスによりアプリ開発のハードルが大幅に下がることで、金融機関自体のフィンテック開発が進み、ますますフィンテック業界全体の成長が期待できます。Yappliは、今後も様々な銀行APIと連携し、金融機関のフィンテック開発を支援いたします。


[画像: リンク ]



▼ 「ちばぎんアプリ」DLはこちら(リンク先:リンク

始覚「Yappli(リンク)」について
プログラミング知識不要で、わかりやすいUIを持ったさまざまな機能を選択するだけでネイティブアプリを制作できます。アプリ公開後もマニュアル不要の管理画面からドラッグ&ドロップするだけで直観的にiPhone、Androidのアプリを更新できます。また、アプリをストア公開するまでの複雑な手続きまでも支援しております。

《特徴》
・高品質なネイティブアプリがiPhoneとAndroid同時に作成可能
・直感的に操作できる管理画面でらくらく運用
・詳細な利用分析で費用対効果を把握
・プッシュ通知、ジオプッシュ、クーポン、GPS店舗サーチなど、20以上の豊富な機能
・クラウド経由で新機能続々登場。OSバージョンアップも即座に対応
・国産サービスとしての安心のサポート体制

■ファストメディア株式会社について
所在地 :東京都港区 赤坂2丁目14−5 DAIWA赤坂ビル4F
代表者 : 代表取締役 庵原 保文
事業内容: アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供
URL  : リンク

【本リリースに関するお問い合わせ先】
担当: 広報(原田)
メール: mktg@fastmedia.jp
電話: 03-6277-6422

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事