Ruby on Rails海外コラム「2017年においてRailsを習得する価値」

Ruby開発に強いトランスネットが提供する表記コラムが公開されました

Rails海外コラム「2017年においてRailsを習得する価値」

###
みなさまこんにちは。野田貴子です。
ウェブ技術の進歩にともない、ウェブ開発者にも幅広い技術や知識が求められるようになってきていると感じませんか。昔とは違い、もはや一言語を書けるだけではこの世界で生き残れません。とはいえ新しい技術が瞬く間に増えていく中で、限りある自分の勉強時間を何に費やしたらいいのか不安に思ってしまう方もいるでしょう。


Quoraという知識共有サイトで、このコラムのタイトルとなった質問があがっていました。

What makes Rails a framework worth learning in 2017?

毎年似たような質問がさまざまな場所で聞かれていますね。今回はRailsの生みの親であるDavid Heinemeier Hansson(DHH)氏が回答していましたので、要約してみました。

(このコラムの本文は以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事