logo

独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を開催 -- 「オリンピック・パラリンピックと地方創生」~金沢からオリンピック・パラリンピックに参加しよう!~金沢工業大学

金沢工業大学 2017年03月18日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学では学生、社会人を対象とした独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を「オリンピック・パラリンピックと地方創生~金沢からオリンピック・パラリンピックに参加しよう!~」をテーマに、2017年3月18日(土)から20日(月)まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館1Fアントレプレナーズラボで開催する。


 2020年に開催される東京オリンピックに合わせて、各所・各分野において準備が始まろうとしているハード面・ソフト面・IT面で、どのように金沢がオリンピックに貢献していくのかを、シビックテックの要素を入れて実施する。

*ハッカソン=プログラミングを意味する「ハッキング」と「マラソン」を組み合わせた造語

*シビックテック=Civic(市民の)とTech(科学技術)をあわせた造語。ICT(情報通信技術)などのテクノロジーを市民が自ら活用し身のまわりの課題を解決する取り組み

【KITハッカソン スケジュール】
 2017年3月18日(土)~3月20日(月)

○3月18日(土)
・13:00 開会
・13:10 基調講演 (40分+質疑応答)
 「オリンピックを地方から盛り上げる」
  文部科学省スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック課長 勝又 正秀 氏
・14:00 招待講演(15分x3本)
 ・福島 健一郎 氏(Code for Kanazawa) 
 ・西脇資哲 氏 (日本マイクロソフト)
 ・丸山 不二夫 氏(丸山事務所 代表、マルレク主宰者)
・15:00 アイディアソン
・18:00 中間プレ発表(進捗状況の確認)
※18時以降は必要に応じて22時までオープン

○3月19日(日)
・10:00 ハッカソン開始
※アイディアソンのチームで、アイディアを見える化・プロトタイプを作成する
※13:00~ 協力企業によるワークショップ(個別ブースにて)
※18時以降は必要に応じて22時までオープン

○3月20日(月)
・10:00 ハッカソン開始
・15:00 発表会
・17:00 交流会
・18:00 終了

*アイディアソン=「アイディア」と「マラソン」を組み合わせた造語

■「チャイルドハッカソン」も同時開催(3月18日から20日まで随時)
 保護者がハッカソンに参加しているお子さんを対象に実施。「LittleBits」を使った「探究型プログラミング」を体験し、未来を創る力を育てる。

*LittleBits
 磁石で接続できる単機能の小さな電子回路基板で構成されている。面倒なハンダ付けや配線、専門知識を要するプログラミングは不要で、基板同士をつなげるだけで電子工作を行え、電子回路を楽しく学べる。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。