logo

申し込み締め切り迫る!3月25日(金)までCOMPUTEX d&i awards参加企業募集

TAITRA 2017年03月17日 17時52分
From PR TIMES

受賞製品は世界各地で行われるICTの展示会で紹介

COMPUTEX 2017の位置づけは「グローバルテクノロジーエコシステムの構築」で、AI & Robotics (AIとロボット)、IoT Applications (IoTアプリケーション)、Innovations & Startups (イノベーションとスタートアップ)、Business Solutions (ビジネスソリューション)、およびGaming & VR (ゲームとVR)という、5つの主要テーマに焦点を当てます。展示エリアには、フォーラムに出席するスタートアップ企業や、ピッチ・コンテストに参加するInnoVEX、IoTアプリケーションを対象とするSmarTEX、最高位のゲーム製品を紹介するGaming & VR、およびApple MFi認定製品が出展するiStyleがあります。本年度は、およそ1,600の企業、5,010以上のブースが展示会に参加すると予想されています。また、InnoVEXは、米国、デンマーク、フランス、韓国、インドネシア、ドイツ、パキスタン、香港、台湾、その他の国々の、220社以上の革新的スタートアップで構成されます。

業界トレンドを表す新カテゴリ
毎年、COMPUTEXは最良のデザインとイノベーションをd&i awardsで表彰しており、業界のトレンドを反映した新しいアワードカテゴリを追加しています。「グローバルテクノロジーエコシステムの構築」という新しい位置づけに沿って、2017 COMPUTEX d&i awardsでは次の3つの新カテゴリが登場します。
· ロボットと人工知能
· モノのインターネット
·AR/VR機器 + コンテンツ
これらが加わり、2017年のアワードは全部で9つのカテゴリになりました。他のカテゴリには、「ゲーム機とゲームコンテンツ」、「クラウド通信とクラウドストレージ」、「システム + モバイル通信」、「(コンピュータ)ハードウェア + コンポーネント」、「オーディオ/ビデオ」、および「周辺機器 + アクセサリ」があります。

イノベーションの統合を促進し、産業テクノロジーの発展を強化するために、カテゴリの拡張によって、スタートアップの国際市場浸透度が高まり、また、ブランド認知の向上につながることが期待されます。同アワードは、自社の設計や技術的ノウハウを広めることを望む企業のためのプラットフォームと考えることができます。また、ビジネスチャンスを探しているバイヤーにとって、自社の開発内容を紹介するチャンスでもあります。

将来の成長に向けて
COMPUTEXはアジア最大のB2B ICT/IoT調達プラットフォームであるとともに、スタートアップにとって最も重要な戦略的グローバルパートナーのひとつです。COMPUTEX d&i awardsは、全世界の企業が設計できる最新のイノベーションや製品を紹介する国際的舞台です。国内のIoT市場が2021年まで年17%の成長率で拡大すると予想されており、現在IoT テクノロジーを開発しているベンダーは、COMPUTEX 2017でその需要に対するチャンスを広げる可能性があります。特に2020年の東京五輪を目前に控え、日本のIoTベンダーが2020年以降もIoTビジネスでの成長を継続するためには、業界セクター参入およびスタートアップ企業との連携を発展させる必要があります。
また、テクノロジーの発展に関して、2017年におけるAR/VR(拡張現実・バーチャルリアリティソフトウェア)の支出増が予想されています。2018年には、ヘルスケア、製品設計および管理の分野の需要に関係してAR関連の支出が急速な伸びが予測されています。

参加するメリット
2017年は、IoTテクノロジー、VR/AR、およびロボットが全世界で認知と競争の最先端になることが明らかです。協力してリソースを結集させる企業から、IoTとともに動作するインテリジェントシステムを開発しているスタートアップまで、規模の大小を問わずあらゆる企業がCOMPUTEX 2017で自社のテクノロジーを披露し、COMPUTEX d&i awardsに参加して勝利を掴むチャンスがあります。

受賞者は業界で高い評価を得ることができますし、会場で製品が展示されます。その後、1年間を通してこれらの製品は世界各地で開催されるICTの展示会で紹介されることになります。また、賞に選出された参加者は、iFおよびCOMPUTEXのウェブサイトでオンラインのプレゼンテーションを利用できます。

参加を希望される方は,以下のサイトから申込みいただけます。
リンク

COMPUTEXは全てのICTプロフェッショナルなどのニーズに合う、トータルソリューションです。COMPUTEXは、ICT企業が戦略的提携関係やエコシステムパートナーの関係構築を支援し、国際的なスタートアップ企業と投資家やメーカーとの懸け橋になります。2017年5月30日から6月3日に開催される、このアジア最大級のICT/IoT&スタートアップ見本市に是非ご来場ください。InnoVEXは2017年5月30日から6月1日までの3日間開催されます。
COMPUTEXについての詳細は、オフィシャルサイト www.ComputexTaipei.com.tw にてご確認ください。

■参観証の事前登録はこちら
参観の事前登録はこちらからご確認ください
リンク

TAITRAについて:
TAITRA(台湾貿易センター)は、2015年に36の展示会を主催しました。国内外から合計11,475社が32,982のブースに出展し、海外からの来場者は82,939人にのぼっています。

COMPUTEX TAIPEI(通称COMPUTEX)について:
1981年に設立されたCOMPUTEXは、サプライ・チェーン全体とIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT見本市です。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共催するCOMPUTEXは、
台湾のICTクラスターに近いという地の利を活用して、上流工程の部品製造からシステム組み立てやIoTアプリケーションに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾企業は、世界のコンピューティング・デバイスの3分の1以上を製造しており、IoTやスタートアップのエコシステムでパートナーを求めるに際して、台湾は戦略上欠かせない存在です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事