logo

インフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開

プレイド 2017年03月17日 11時33分
From PR TIMES

株式会社プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が2017年3月12日に2周年を迎えたことを記念し、インフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開いたしました。



株式会社プレイド(東京都品川区:代表取締役社⻑ 倉橋健太)は、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が2017年3月12日に2周年を迎えたことを記念し、インフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開いたしました。

[画像: リンク ]



色々な“幅”の進化を表す1年をインフォグラフィックで表現

2年目を迎えた「KARTE」は、様々なカテゴリのサイトに導入が進み、活用方法も多様になった1年となりました。今回のインフォグラフィックではその“幅”の進化を表現しています。

導入企業数は1,430社(2017年2月末時点)、運用者のアカウント数は3,600名を超え、多くのお客様に日々ご利用いただくサービスへと成長しています。
これまでに解析した累計ユニークユーザー数は12.5億UU※1を超え、「KARTE」を利用して行われた月間のアクション数は1億回※2、KARTEを導入するECサイトで計測された解析売上金額は年換算で5,000億円※3という規模まで拡大しました。

※1 2017年2月末時点でKARTE導入企業の累計UU数を合算した数字
※2 2017年2月の単月での数字
※3 2017年2月までの実績から算出した年間換算額

今回のインフォグラフィックでは、上記の数字のほか、ECサイト以外に広がる導入サイトカテゴリの割合や、KARTEでの接客の有無におけるコンバージョンの変化などを紹介しています。是非ご覧ください。


記事でご利用いただけるインフォグラッフィックの画像は以下よりダウロードできます。
リンク

データで振り返るKARTEの1年
リンク


「KARTE(カルテ)」について
「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービスです。これまでにないリアルタイム解析を実現したことにより、利用者がサイトから去ってしまう前に、必要な情報を適切なタイミングで自動的に提案することができます。
2016年3月には新機能「KARTE TALK」を発表し、チャット、SMS、メール、Facebookメッセージ、ブラウザ通知、スマホ通知などでのアクションが可能となっています。
サービス開始から2年で導入社数は1,430社(2017年2月末時点)を超えています。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事