logo

DJI 、「ジャパン・ドローン2017」に出展し、産業用ドローン「MATRICE 200シリーズ」を国内初出品

DJI JAPAN株式会社 2017年03月16日 11時36分
From PR TIMES

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう))は、3月23日(木)から25日(土)までの3日間、千葉の幕張メッセで開催される「ジャパン・ドローン 2017」に出展し、今年2月に発表した「MATRICE 200シリーズ」を国内で初めて出品するほか、3月より国内販売を開始した農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」や「GS PRO (GROUND STATION PRO)」など産業用ドローンおよびソリューションを展示します。



期間中は、「MATRICE 200シリーズ」や「AGRAS MG-1」などのドローンを紹介するワークショップやフライトデモンストレーションを行うほか、DJIの機体の自動飛行を制御または計画するように設計されたiPad用アプリ「GS PRO」が、産業分野でどのように活用できるかを実際に確認できるシミュレーションコーナーも設置します。また、事前登録頂いた方を対象に、会場のフライトゲージで「MAVIC PRO」を操縦できるフライト体験会も実施します。


[画像1: リンク ]

【MATRICE 200 シリーズ】          

[画像2: リンク ]

【AGRAS MG-1】


■出展概要
・開催日時:2017年3月23日(木)~25日(土)10:00~17:00
・会場:幕張メッセ (〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
・DJIブース:D 23
・「ジャパン・ドローン 2017」URL: リンク
・「MAVIC PRO」事前体験会申込み:リンク
(※体験会は予約先着順となる旨、ご了承ください)
・DJI 公式Facebook ページ:リンク

■ジャパン・ドローン 2017 国際コンファレンス 基調講演
・3月24日(金)11:30~12:00  DJI JAPAN 株式会社 代表取締役 呉 韜(ご とう)
URL: リンク
(※基調講演への参加は無料、当日先着順になります)


DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営されるDJIは、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、 世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJI の製品を愛用しています。


DJIホームページ:リンク
Facebook: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Instagram: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。