logo

世田谷区の防災行政無線放送の“緊急放送”をイッツコム テレビ・プッシュで3月15日より配信開始~ご自宅のテレビで世田谷区の防災行政無線の緊急放送を聞くことができるようになります~

イッツ・コミュニケーションズ / iTSCOM 2017年03月15日 14時10分
From PR TIMES

 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:高秀憲明 以下、イッツコム)は、
イッツコムが提供しているテレビ自動お知らせサービス「イッツコム テレビ・プッシュ」(以下、テレビ・プッシュ)において、東京都世田谷区の防災行政無線(※1)との情報連携を3月15日(水)より開始します。



 テレビ・プッシュでは、イッツコムと世田谷区が締結した「ケーブルテレビ放送と通信サービスを活用した防災気象情報の提供に関する覚書」(2015年3月)に基づき、これまでにも世田谷区の「災害・防犯情報メール配信サービス」で配信される各種情報を、世田谷区からのお知らせとしてテレビ画面に文字で表示し、緊急度の高い場合にはテレビを自動的にオンにしたり、画面を切り替えるサービスを展開しています。

 これに加え、今回、世田谷区の防災行政無線と情報連携することにより、世田谷区内に設置されたテレビ・プッシュ専用端末の内蔵スピーカーおよびテレビのスピーカーから、世田谷区の防災行政無線の中で特に緊急度の高い「避難に関する情報」などを、音声でリアルタイムに提供することができるようになります。
これにより、窓を閉めきった自宅の部屋など、防災行政無線塔からの放送が聞こえづらい状況でも、テレビ・プッシュを通じて、緊急放送を音声で確認できるようになります。

 イッツコムは、今後もテレビ・プッシュによるサービスエリア内自治体の防災行政無線との情報連携を推進し、緊急放送の配信エリア拡大を通じて、東急線沿線のお客さまに安心と快適さをお届けしていきます。
以上 
 【イッツコム テレビ・プッシュで配信される防災行政無線の緊急放送】
◆全国瞬時警告システム(J-Alert)による緊急情報
◆震度5以上の地震情報
◆(河川氾濫に伴う)避難情報 など
*災害時放送情報は自動的にテレビをオンにする、もしくは他番組を視聴中でも緊急放送画面に切り替えます。
[画像1: リンク ]

※1 県及び市町村が「地域防災計画」に基づき、それぞれの地域における防災、応急救助、災害復旧に関する業務に使用することを主な目的として、併せて、平常時には一般行政事務に使用できる無線局です。

■イッツコム テレビ・プッシュと防災行政無線緊急放送の連携イメージ
[画像2: リンク ]

■イッツコム テレビ・プッシュ サービス概要
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


『イッツコム テレビ・プッシュ』(2015年1月提供開始)は、インターネットに接続された専用端末(以下、IPボックス)をテレビにつなぐだけで、緊急地震速報、災害気象情報などの各種緊急情報に加え、避難情報や河川ライブカメラ画像などの自治体と連携した防災・災害情報や各種生活情報等をお知らせするサービスです。
 これらの情報は、IPボックス内蔵スピーカーの音声とテレビ画面にプッシュ配信され、緊急度が高い情報の場合は、テレビが消えていてもテレビの電源を自動的に立ち上げ、また、テレビや録画番組視聴時には、画面を自動的に切り替えてお知らせします。
【ご参考:イッツコム テレビ・プッシュ利用イメージ】
 リンク
[動画: リンク ]



*ご利用のテレビの仕様によって、一部の機能または全部が使用できない場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。