logo

ACCESSとミエルカ防災、高精度な地震動速報ソリューション分野で提携

株式会社 ACCESS 2017年03月15日 11時04分
From PR TIMES

 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)と、株式会社ミエルカ防災(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 松尾 勇二、以下、ミエルカ防災)は、大地震に対する減災対策サポートサービスの普及促進を目的として、高精度な地震動速報ソリューション分野で提携することで合意しました。



 合意に基づき、ACCESSはミエルカ防災に出資するとともに、ACCESSとミエルカ防災は、両社の強みを持ちより、以下2つのテーマに則った事業を共同で推進してまいります。

【共同事業テーマ】
1. ミエルカ防災の地震動速報ソリューション「ユレーマス(Yure-Mas(R))」の普及拡大
 ミエルカ防災は、直下型地震に対応した高精度な地震動速報ソリューション「ユレーマス」を提供しています。本ソリューションは、気象庁からの緊急地震速報と、自社開発の現地地震計が検知した地震のP波(初期微動)(※)の情報を提供します。本ソリューションを活用することにより、お客様は、地震のS波(主要動)をより早く・より高精度に予測する防災システムの構築が可能になります。
 「エレベータの閉じ込め」、「病院の機能停止」「生産設備での機械の損傷」といった災害の規模を低減する対策として有効であることから、2015年の提供開始より、既に大手ホテルなどの事業者の防災システムに導入されています。
 一方、ACCESSは、組込ソフトウェアやクラウドサービスの開発・提供の豊富な実績および企業顧客基盤を有しています。
 この度の合意に基づき、ACCESSは、こうした顧客基盤を活用して、「ユレーマス」ソリューションの販売協力をし、「ユレーマス」を用いたサービスの普及促進を支援してまいります。
 (※)地震の波動にはP波(Primary wave)とS波(Secondary wave)があり、P波はS波より前に到達するとされています。ミエルカ防災はこのP波の検知に関する特許の独占的通常実施権を有しています。

2. 「ユレーマス」とACCESSのマルチスクリーンを融合した地震動速報ソリューションの開発および事業化
 また、高精度な地震動速報という減災対策に、ACCESSの、スマートフォン/タブレット・サイネージ・PCなど、あらゆる機器/OSのスクリーン上でP波情報の配信を可能とする、マルチスクリーン対応情報配信技術を連携させ、地震動速報などの活用を目指す事業者を対象にしたソリューションの開発・事業化を進めてまいります。

ミエルカ防災の「ユレーマス」について
 「ユレーマス」は、対象施設の現地に設置するシステム「基幹ユレーマス」のP波情報および気象庁の緊急地震速報からの情報をミエルカ防災の中央サーバーへ集積し、各顧客へ配信するシステムを提供します。

 「ユレーマス」の特長は、直下型対応および高精度化が挙げられます。1)直下型の場合、主要動(S波)が到達する前の時差の活用が災害の規模を左右しますが、基幹ユレーマスは、お客様施設内に地震計とサーバーを配置し、初期微動(P波)を検知しますので、S波到達前に地震動速報を発信することが可能です。2)気象庁からの高精度化緊急地震速報(高度利用者向け)は、地震震源情報(位置、深さ、マグニチュード)を基に、予め決められた計算式により、予測します。基幹ユレーマスは、現地でのP波検知の情報も加えて提供しますので、より高精度な情報提供が可能です。3)初期微動(P波)情報を基に、お客様が主要動(S波)を計算して予測しますが、ミエルカ防災は、お客様の依頼があれば、この計算予測の技術支援を行います。

 また、ユレーマス地震計の設置してある点(ユレーマス基準点)の周辺エリア(おおよそ半径1km以内)をユレーマスサービス提供エリアとし、エリア内の顧客に対しては地震計の設置工事等を行わずサービスを提供します。ユレーマス基準点を相互に結びネットワーク化し、地震発生情報を瞬時にネットワーク内で共有することによって、地震情報(P波)を提供できます。

ACCESSのマルチスクリーン対応情報配信ソリューションについて
 ACCESSは、主にクラウド型デジタルサイネージソリューション「SIGNESS(R)(サイネス)」や、世界中で15億台を超える搭載実績を誇るブラウザシリーズ「NetFront(R) Browser」、スマートフォン/タブレット向けアプリケーション、クラウド技術などを、「ユレーマス」と連携させていく予定です。


■株式会社ミエルカ防災
ミエルカ防災は、より早く、より精度の高い地震情報を提供する会社です。「地震情報を精度よく、速報することにより、世界のお客様の生命、財産を守るよう努め、もって公共の福祉の増進に寄与すること」を社是に、「ユレーマス」を開発、展開しています。
リンク
[画像1: リンク ]


■株式会社ACCESS
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
リンク
[画像2: リンク ]


※ ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、SIGNESSは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事