logo

えびの市 移住・定住促進WEBムービー

宮崎県えびの市 2017年03月14日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月14日

宮崎県えびの市

“住みたくなる”街の見どころをまとめて発信
謎のエクササイズプログラム「ELS」とは・・・!?
えびの市移住・定住促進WEBムービー
「えびのの魅力篇」「移住・定住篇」2017年3月13日(月)公開

えびの市は、3月13日(月)に公式サイトをリニューアルすると同時に、
移住・定住の促進に向けた市の認知度向上を目的としたWEBムービー「えびのの魅力篇」「移住・定住篇」を公開いたします。

それぞれの作品は、海外の通信販売番組を思わせる内容・構成となっており、
えびの市がもつ、食、観光、各種制度などを、
エクササイズプログラム「ELS(EbinoLifeStyle)」として集約し、紹介しております。

ムービーには、老若男女さまざまなえびの市民が登場し、「利用者の声」を語るなかで街の魅力を紹介しています。
実際に居住する人たちの”生の声”を発信すること、街を挙げて本気で移住・定住を促進する姿勢を示すとともに、
これから移住を検討する方々に対して、単にコミカルなだけでなく、よりリアルに、
えびの市のことを理解していただける内容となっております。

えびの市移住・定住促進WEBムービー
「えびのの魅力篇」:リンク" target="_blank" rel="nofollow">リンク

「移住・定住篇」:リンク" target="_blank" rel="nofollow">リンク



<WEBムービーのあらすじについて>

「えびのの魅力篇」
【画像: リンク
謎の外国人・サニー・ブライアン氏が司会となり、えびの市の魅力をエクササイズプログラムになぞらえ紹介。
まず1つ目は、山々をトレッキングする「Fitness」。ふくらはぎを刺激し、「えびのびーの効果」をもたらします。
2つ目は「Relaxation」。えびのの温泉は疲労回復効果抜群。入浴した人は、思わず街に響き渡る声で「最高~!」と絶叫。
最後は、えびのの食による「Healthcare」。特に米と牛肉は、数々の品評会でも高い評価を受けているといいます。
これらを紹介する人たちは実際のえびの市民。たどたどしくも、懸命な演技によって、
街の魅力がリアリティをこめて発信されています。


「移住・定住篇」
【画像: リンク
「魅力篇」で紹介された「ELS」がパワーアップ。第2弾では、移住・定住のための充実した制度を紹介しています。
「新規就農支援制度」はえびの市で就農しようとする方に、最長3年間の補助金を交付するというもの。
このことを、都会から移住してきたという設定の夫婦の、ユニークなコメントともに表現しています。
もう一つは、「30人学級実施事業」。少人数クラスによる、一人ひとりを手厚くケアするための制度です。
「ELS」を実践しているからか、感想を求められた子どもたちは、非常に大人びたコメントを発しています。
また、本格的に移住・定住を考える人に対して、土地の販売制度(1m2=¥500~)についても訴求しています。


宮崎県えびの市について
明治22年、町村制の施行により、飯野村、加久藤村、真幸村が誕生。
昭和15年4月3日に飯野村が町に、昭和25年4月1日に真幸村が町に、昭和30年2月11日に加久藤村が町になりました。
その後昭和41年11月3日に3つの町が合併し「えびの町」となり、さらに昭和45年12月1日に市制を施行し現在に至ります。

<データ>
■面積:282.93平方キロメートル
■人口:18,964人(2017年3月1日現在)
■世帯数:8,450世帯(2017年3月1日現在)
■平均気温:16.0度(2015年)

<名所・見どころ>
(1)温泉―宮崎県内最古の温泉。すべてが自家泉源!―
宮崎県内で最多の泉源数と歴史を誇る温泉郷「京町温泉」、県内最古の温泉「吉田温泉」など、数多くの温泉施設があり、
すべてが自家泉源の掛け流しです。良質の湯と絶景の景色が、心身ともに癒してくれます。

(2)自然―日本で最初の国立公園・霧島ジオパーク!―
えびの市の北部には九州山脈、南部には霧島ジオパークの一部でもあるえびの高原をはじめ、霧島の山々が連なります。
さらに、市の中心部には川内川が美しく流れ、田園風景、湧水池など自然の魅力は数多く、
市内のあらゆる場所で四季折々の表情を楽しむことができます。

(3)食―えびの市は食の宝庫。自慢は日本一の食材!―
えびの市の基幹産業は農畜産業です。「2015年産米の食味ランキング」で”特A”評価を受けたヒノヒカリ、
第9回・第10回の全国和牛能力共進会において日本一2連覇を達成した宮崎牛など、各種品評会でも高い評価を受けています。

<制作スタッフ>
CD/PL/C:湯治健富
プロデューサー:福山賢一
プロジェクト・マネージャー:太田裕一・丁吉将・池田壱聖
ディレクター:百田直哉
カメラマン:原幸司
ビデオエンジニア:佐藤光平
撮影チーフ:嶋田勇紀
美術:眞崎悟堂
車両:石橋政幸
編集:桑原大・飯塚泰雄
MA:宮園祐一
出演:ボビージュード・桂浩史郎



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事