logo

アナログ・デバイセズ リニアテクノロジー社の買収手続きを完了

アナログ・デバイセズ株式会社 2017年03月13日 14時31分
From Digital PR Platform


このプレスリリースは、2017年3月10日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。原文は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は3月10日(米国東部時間)、Linear Technology Corporation(以下、リニアテクノロジー)の買収手続きを完了したことを発表しました。両社の統合によって誕生した最高のアナログ技術企業は、業界で最も包括的な高性能アナログ製品ラインナップと、統合された技術開発、製造、販売、サポート体制によって、イノベーションを追求し、さらなる成長を目指します。

アナログ・デバイセズの社長兼CEOのヴィンセント・ロウチ(Vincent Roche)は、次のように述べています。「アナログ・デバイセズとリニアテクノロジーが統合したことで、アナログ業界を牽引する強力な企業が誕生しました。両社が力を合わせることで、アナログとデジタルの世界をつなぐ局面で、顧客企業が直面している大きな、かつ複雑な課題を、これまで以上に解決できるようになります。この統合により、お客様、株主の皆様、そして従業員に今後長期にわたって多大な価値を創出できるものと期待しています」

ロバート・H・スワンソン氏を取締役に選任
アナログ・デバイセズはまた、元リニアテクノロジーの取締役会長であるロバート・H・スワンソン(Robert H. Swanson)氏を、買収完了時点よりアナログ・デバイセズの取締役に選任したことを発表しました。

アナログ・デバイセズ会長のレイ・ステータ(Ray Stata)は、次のように述べています。「スワンソン氏を取締役会に迎えられることを大変嬉しく思います。同氏が数十年にわたって蓄積してきたアナログ半導体分野の高い知見は、取締役会に大きな価値をもたらしてくれることでしょう」

リニアテクノロジーの創設者でもあるスワンソン氏は、2005年1月から同社の取締役会長を務め、それ以前は1981年の創業時より会長兼最高経営責任者を務めました。

この買収により、リニアテクノロジーの株式は、3月10日(米国東部時間)の取引終了時をもってNASDAQグローバル・セレクト・マーケットでの取引より上場廃止となりました。

本買収案件に関するアナログ・デバイセズの専任財務顧問はクレディ・スイス・セキュリティーズ(USA)LLCが、法律顧問はワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ法律事務所ならびにウィルマヘイル法律事務所が務めました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。