logo

「支付宝(アリペイ)」が使える『モバイル決済 for Airレジ』、「マロニエゲート銀座 2&3」の約120店舗で利用可能に

増え続ける訪日中国人のおもてなし向上へ



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)と株式会社マロニエゲート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木村 透、以下マロニエゲート)は、リクルートライフスタイルが運営する訪日外国人を呼び込む決済サービス『モバイル決済 for Airレジ』を2017年3月15日(水)より開業する「マロニエゲート銀座 2&3」の約120店舗に導入し、中国最大手のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」の利用が可能になることをお知らせいたします。
『モバイル決済 for Airレジ』について:リンク
「マロニエゲート銀座 2&3」:リンク

導入背景・概要
「マロニエゲート銀座 2&3」は2館あわせて123店舗、うち18店舗は銀座初出店となります。20~40歳代の働く女性とおしゃれママをターゲットに幅広い女性のお客様に満足いただける商業施設としてオープンいたします。
『モバイル決済 for Airレジ』は、中国人のお客様が提示する「支付宝(アリペイ)」のQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスで、これまでに大手アパレルショップ、飲食店、ドラッグストアチェーンなどさまざまな店舗に導入されております。
この度、リクルートライフスタイルとマロニエゲートは、「マロニエゲート銀座 2&3」の約120店舗に『モバイル決済 for Airレジ』を導入し、訪日外国人の中でも特に割合の高い中国人の誘客・購買を促進します。『モバイル決済 for Airレジ』の商業施設への導入としては、過去最大規模となります。中国最大手の決済アプリ「支付宝(アリペイ)」が「マロニエゲート銀座 2&3」で利用可能になることで、お客様の慣れない日本円での現金決済のストレスを解消し、さらに店舗側の決済オペレーションの効率化をはかることができます。
リクルートライフスタイルとマロニエゲートは、『モバイル決済 for Airレジ』の運用を通じ、訪日中国人に向けて「マロニエゲート銀座 2&3」での買い物の満足度向上を目指していきます。


[画像3: リンク ]



参考:『モバイル決済 for Airレジ』について


[画像4: リンク ]

『モバイル決済 for Airレジ』はお客様が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスです。店舗側ではiPadまたはiPhoneとインターネット環境をご用意いただくだけで、初期費用なしでご利用いただけます。『モバイル決済 for Airレジ』を導入することにより、訪日中国人のお客様の決済利便性を高めるだけでなく、加盟店の売上向上にも貢献します。例として、「支付宝(アリペイ)」と協力して利用ユーザーに割引特典を与えるキャンペーンを定期的に行っています。2017年の春節時期にもキャンペーンを実施した結果、ほとんどの導入店舗で売上が向上し、流通金額も過去最大を記録しました。
▼『モバイル決済 for Airレジ』について
リンク


参考:「支付宝(アリペイ)」について

[画像5: リンク ]

「支付宝(アリペイ)」は、2004年にアリババグループによって設立された世界最大規模の決済プラットフォームです。EC事業者向けのオンライン決済・リアル店舗向けの対面決済を始め、スマートフォンをベースとした各種生活サービス、資産運用の商品も展開しています。中国国内の80万加盟店および海外の7万加盟店で利用されています。中国国内の実名認証ユーザー数は4.5億人を超え、中国のモバイル決済市場でもっとも大きなマーケットシェアを持っています。1日の平均取扱件数は1.6億件を超えています。

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事