logo

Black Duck、マイクロソフトのVisual Studio Team ServicesおよびTeam Foundation ServerにHubを統合

Black Duck 2017年03月10日 17時00分
From DreamNews

Black Duckは本日、マイクロソフト社のVisual Studio Team Services(TS)およびTeam Foundation Server(TFS)にHubソリューションを統合することを発表しました。Black DuckのVisual Studio拡張機能は、TFSおよびTSをビルドする間に使用中のオープンソースを自動的に検出し、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の初期段階でのセキュリティの脆弱性、ライセンスのコンプライアンスに問題のあるコンポーネント、および運用リスクを特定します。

Black Duck、CEO、Lou Shipleyは次のようにコメントしています。「アプリケーションコードの80~90%がオープンソースとなっている現在、オープンソースの効率的なセキュリティと管理は必須となっています。マイクロソフト社はアプリケーション開発におけるオープンソースの重要性だけでなく、急速な利用拡大の背景にある経済的および生産性に関する理由を認識しています。我々は、Black Duckのオープンソースライセンスおよびセキュリティコンプライアンス機能をVisual Studioの一連の統合プラットフォームに採用することの価値をマイクロソフト社も認めていることをうれしく思います。世界的にオープンソースの使用が急速に成長していること、さらにアジャイルで、スピーディなアプリケーション開発への需要が高まる中、今回のようなマイクロソフト社との戦略的パートナーシップは、当社にとってこれまで以上に重要なものになります」

世界中の組織では、SDLCの初期段階でアプリケーションの課題を把握することに苦戦をしています。Black Duck Hubのソフトウェアコンポジション分析機能は、構築&リリースのプロセス段階で統合ができるため、よりよいコードをより速く生成できるようになります。コンポーネントのオープンソースダウンロードリクエストの16回に1回は、既知の脆弱性を有していることから、企業では、使用するオープンソースの認証や管理のプロセスを自動化する必要性がますます認識されるようになってきています。

マイクロソフト社、クラウドアプリ開発およびデータマーケティング担当シニアディレクター、Shawn Nandi氏は次のようにコメントしています。「Black DuckのVisual Studio Partner Programへの参画を歓迎します。今回のVisual Studioとの統合によって、セキュリティリスクの可能性を検出し、それを管理するという選択肢を当社顧客に提供できることをうれしく思います」

報道機関からのお問い合わせ
Black Duck広報担当[担当:神谷]
Tel:03-5269-1038
E-mail:blackduck@jspin.co.jp







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。