logo

災害時における入居者サポートサービス スマートフォン向けアプリ「LEOLIFE」提供

レオパレス21 2017年03月10日 14時00分
From PR TIMES

株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山英世)は、ご入居されているお客様に対し、安否確認機能並びに、災害情報の提供が可能なご入居者様専用のアプリ「LEOLIFE(レオライフ)」の提供を2017年4月より開始致します。



日本は災害大国と位置づけられており、近年では、記憶にも新しい「東日本大震災(2011年3月11日発生)」「2014年8月豪雨(近畿~中国地方集中豪雨)」「平成28年熊本地震(2016年4月14日発生)」等、各地域において甚大なる被害を及ぼしました。そのような背景から一般家庭における災害対策への認識は急激に高まり、また各企業におけるリスク管理対策についても同様に強く求められるようになりました。当社におきましても、大勢のご入居者様の生活をサポートさせて頂く中で、今まで以上に災害に対する管理体制の強化を図り、安心と安全からなる住空間の提供を目指し、本アプリの開発・提供を決定致しました。


[画像1: リンク ]


〔Emergency(防災関連)〕
災害・緊急時における安否確認並びに、災害情報提供機能の搭載
[画像2: リンク ]


〔LIFE(日常生活サポート)〕
レオパレスご入居における生活全般をサポートする機能を搭載
[画像3: リンク ]



■ご入居者専用アプリ「LEOLIFE」の主な機能 ※2017年3月9日特許出願申請
1. 災害時に安否確認の連絡をPush通知にてお知らせ
震度5強以上の地震が発生した際、24時間問わず対象エリアにお住まいのご入居者様に対し、安否確認連絡を一斉配信。
安否状況の取得により、お客様への災害時における早期案内対応を実現。

2.災害情報をPush通知にてお知らせ
お客様ご自身で任意に設定された地域における災害情報(地震・台風・津波等)をいち早くPush通知にてお知らせ。
災害情報をいち早く取得することで、災害に対する事前準備へ最大限の効果を発揮。
通常災害情報のみならず、自治体からの地域に密着した情報(Lアラート)も配信。
※一部エリア(群馬/奈良/山口/福岡/鹿児島)においては、自治体によるLアラート配信サービス準備中。
 (平成31年より配信サービス開始予定)

3.その他機能
「防災マップ機能」「ご家族へのご連絡機能」「防災お役立ち情報コンテンツ」等

<アプリご提供方法について>
・これからご入居されるお客様
  2017年4月1日以降に鍵のお引渡しをされるお客様に対し、店頭にてダウンロード方法をご案内

・既にご入居されているお客様
  ダウンロード方法を郵送にて随時発送予定(4月中旬~5月初旬予定)

<対応アプリ>
iOS10以降/Android4.4以降 対応
※iOS版についてはストア申請の関係でリリース時期がAndroidと異なる場合もございます。


■今後の展開
防災関連だけではなく、日常生活にも役立つコンテンツを随時追加することで、平常時におきましても、あらゆる利用シーンを想定した利便性のあるアプリとして開発・展開を目指します。また今後、ご入居者様のみならずオーナー様へのご提供も計画しております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。