logo

努力指標の学習大会第13回「すららカップ」結果発表 小学3年生からの英語必修化を前に小学生の英語先取り学習が増加 小学1年生がアルファベット学習から開始し、2ヶ月で中2範囲をクリア

株式会社 すららネット 2017年03月10日 11時00分
From PR TIMES

人工知能✕アダプティブ・ラーニング!クラウド型学習システム「すらら」

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)では、クラウド型学習システム「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を2017年1月1日(日)より2月28日(火)まで開催いたしました。



[画像: リンク ]

「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「総学習量」といった、“どれだけ努力したか”の努力指標で、学年やエリアを問わず、全ての「すらら」利用者同士(小学1年生から社会人まで)が競い合う大会です。「すらら」の利用者が、「努力指標」と「努力の結果である成績向上」を意識することで「やればできる」というマインドセットを醸成することを目的としています。

今回の「すららカップ」では、チーム対抗部門において45校舎、122チームが参加しました。今回、小学1年生の児童が所属する西田学習指導塾(岡山県)のチーム「☆スーパーSSA☆」が2位入賞を果たし、全国ランキング入賞の最年少記録を更新しました。この児童は、中学英語の先取り学習でアルファベットの学習から開始し、期間中の2ヶ月間、1日2時間ペースでほぼ毎日学習し、中学2年生の範囲(英検4級相当)の途中まで学習を進めました。

2020年に外国語(英語)が小学3年生から必修科目となるのを前にして、子どもに英語・英会話を学ばせたい、という保護者からの需要は増加しています。今回の「すららカップ」においても、低学年の生徒を含む小学生に英語の先取り学習をさせるケースが多数見られました。
また、チーム対抗部門の1位は個別指導つばさ塾(新潟県)のチーム「越後姫」でしたが、上位20位を学習塾のチームが独占しており、複数チームが入賞している校舎も多く、校舎全体での学習時間確保のための取り組みが実施されていることがうかがえます。

個人部門において、優勝は新潟県の「個別指導つばさ塾」(新潟県)の高校3年生の生徒で、期間中の総学習時間は242時間におよび、平均すると1日4時間以上学習していることになります。優勝した生徒以外も20位以内に高校3年生が2名、中学3年生が7名ランクインしており、受験勉強における直前の総復習教材として「すらら」を利用していることが学習データより読み取れます。

加えて、今回より新設した「スタート10賞」は、すららカップ開催期間中に10時間以上学習した全ユーザーが受賞対象となる賞で、「すらら」で勉強し始めた生徒や普段から学習する習慣が身についていない生徒達に学習を始めるきっかけを与え、背中を押すことを目的としています。期間中にログインした生徒の約4分の1が入賞し、受賞者の中には、普段は学習していなかったにもかかわらず大幅に学習時間を伸ばした生徒が多数いたことから、学習意欲の向上に繋がりました。
また、「チャレンジW30賞」は、小学1年生から社会人と幅広い層の61名が受賞しています。

すららネットでは、今後も、教育に携わる企業として、利用者様の学習をサポートできるよう、教材・企画の開発に力を注いでいきたい、と考えております。

【第13回すららカップ概要】
◆実施期間:2017年1月1日(日)~2月28日(火)
◆対象学年:問わず ◆科目:英語・数学(算数)・国語 ◆範囲:小4~高3の履修範囲
◆開催部門・審査基準:
個人部門(総学習時間の全国上位20名)
チャレンジW30賞(ひと月30時間以上の学習時間を2か月連続で達成、もしくは、期間中毎日1ユニット以 上の学習を達成の、いずれかに該当した全ユーザー)
スタート10賞(期間中10時間以上学習した全ユーザー)
チーム対抗部門(3名1組によるチームの、総学習時間の全国上位20チーム)
◆賞品:(個人/チーム対抗部門)※その他部門でも各賞品を用意
1位:大型クッション(Yogibo Pod) 2位:“チェキ”instax mini 90 ネオクラシック
3位:コーデュラ(R)バッグ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。