logo

株式会社CyberZとe-Sports事業で協業

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2017年03月09日 10時00分
From PR TIMES

e-Sportsイベント「RAGE」を新たなスポーツエンタテインメント産業に



エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社は、株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZ(以下、CyberZ社)と、2017年3月よりe-Sportsイベント「RAGE(レイジ)」において協業を開始することを、下記のとおりお知らせいたします。今後、当社は本取り組みを通してe-Sportsの認知拡大と、今後成長が期待される日本のe-Sports市場の発展に努めてまいります。



【RAGE概要】
「RAGE」は2015年よりスタートしたe-Sportsイベントで、「Vainglory」、「ストリートファイターV」、「Shadowverse」といった3つのゲームタイトルを採用し、CyberZ社が運営しております。
協業第一弾のイベントは2017年5~6月開催の「RAGE Shadowverse Tempest of the Gods」となります。
今回の協業は、当社が保有するイベント制作・マーチャンダイズ事業での豊富なノウハウを「RAGE」に活かすとともにアーティストの楽曲提供などを実施することで、「RAGE」のさらなる拡大を図ってまいります。

【e-Sportsとは】
「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略をさし、ゲームを競技として捉え従来のスポーツのようにプレイおよび観戦をする際の名称です。現在、世界各国でe-Sportsの大会が開催され、その市場規模は2017年に前年比141%成長の約796億円を見込んでおり、2020年には1,700億円を超える市場に成長すると予測されております。 Newzoo社調べ。(2017年2月発表)
[画像: リンク ]


■RAGE公式サイト
リンク

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事