logo

Bricasti Design製ソース・コントローラー「M12」発売のご案内

株式会社エミライ 2017年03月09日 07時00分
From PR TIMES

米国ハイエンドオーディオブランドBricasti Designが新機軸のD/Aコンバーター・ネットワークオーディオプレーヤー機能付プリアンプを発売

株式会社エミライ(emilai inc. 本社:東京都文京区,代表取締役社長:河野 謙三)は,アメリカに本拠を構えるBricasti Design製ソース・コントローラー「M12」の取り扱いを開始いたします。発売は2017年3月下旬を予定しており,当社オンラインショッピングサイトの他,全国のオーディオ専門店様にてお買い求め頂けます。



製品概要
製品名:M12
型番:BRI-M12
JANコード:4562314012347
商品ジャンル:ソース・コントローラー(D/Aコンバーター・ネットワークオーディオプレーヤー機能付プリアンプ)
希望小売価格:2,150,000円(税別)
[画像: リンク ]


製品の特長
Bricasti Designの最新モデルである「M12」はあらゆるオーディオ・システムにとって先進的なフロント・エンドです。主要なデジタル入力の全てをサポートするだけでなく,バランスおよびアンバランスのアナログ入力も搭載しています。入力信号をDSPにより制御されたアナログ方式の高精度ゲイン調整ボリューム機構を経由して出力することで,M12はデジタルからアナログまであらゆる音源を最高性能のまま1つの筐体でコントロールすることを可能とした,「ソース・コントローラー」として誕生しました。
M12はM1SE開発で培われた確かな技術を基礎として設計されており,デジタル音源は最も優れた方法で変換されます。Bricasti Designはこれに左右独立設計のアナログ伝送経路と,高い解像度を持つアナログ・ゲイン/レベル・コントロール機構を組み合わせることで,デジタル入力時のDACセクションの出力段を情報の欠落なくアナログ領域で調整することを可能にしたほか,アナログ入力時のパス・スルーも可能としました。M1SE同様,M12はデュアル・モノ・コンストラクションを徹底し,信号処理回路,アナログ左チャンネル入出力回路,アナログ右チャンネル入出力回路の3系統の独立した電源部を擁するなど,徹底的なショート・シグナル・パスとクロストークの抑制を行っています。

PCM/DSD用DAC チップにアナログ・デバイセス社製「AD1955」を搭載するほか,DSD専用に自社開発のフリップ・フロップ式アナログDSDコンバーターを採用
LAN端子を搭載しネットワークオーディオプレーヤーとして利用可能(~24bit/192kHz,~DSD64)
USB入力端子を搭載し,USB DACとして利用可能(~24bit/384kHz PCM,~DSD128)
電源部含め左右独立した徹底的なデュアル・モノラル 設計
DAC回路基板/アナログ回路基板には高周波用低損失素材として定評のある ARLON 社製のガラス/セラミック含有熱硬化性樹脂「Arlon25N」を採用
プロ機開発で培ったノウハウを投入し高い評価を獲得している自社開発のデジタルフィルター(ポストフィルター)処理による,ミニマムフェーズ・フィルターおよびリニアフェーズ・フィルターを搭載
PCM DAC部には,各チャンネルで独立した Femto Clockを配置し,DDS(ダイレクト・デジタル・シンセシス/デジタル直接合成発振器)を採用することでジッター値6ピコ秒を達成
米Stillpoints社との共同開発によるフット部

その他仕様の詳細については製品Webページをご覧ください。
リンク

以上

<会社概要>
社名:株式会社 エミライ emilai inc.
webサイト:リンク
本社:〒113-0034 東京都文京区湯島1-2-5
代表取締役:河野 謙三
TEL: 03-6206-4710 (大代表)

<お問い合わせ先>
【電話でのお問い合わせ】TEL: 03-6206-4710 (大代表)
【メール・FAXでのお問い合わせ】Mail:sales@emilai.co.jp FAX:03-6779-5480
※ プレス関係者様・販売店様はその旨ご連絡下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事