logo

自然言語処理技術を活用したソリューションサービスを提供する「レトリバ」 第三者割当増資を実施

株式会社レトリバ 2017年03月08日 15時16分
From PR TIMES

株式会社レトリバは、2017年2月24日、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)が運用するUTEC3号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施。

株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 河原一哉、以下レトリバ)は、2017年2月24日、株式会社東京大学エッジキャピタル(本社:東京都文京区、代表取締役社長:郷治友孝、以下「UTEC」)が運用するUTEC3号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施しました。

レトリバは昨年8月にプリファードインフラストラクチャーからスピンアウトしたベンチャーであり、当面はAI技術を用いたコールセンター向けのソリューション等を提供することにより事業を展開しております。

今回の資金調達により、検索、自然言語処理、機械学習の分野において、自然言語処理分野を中心とした技術者の大幅増強等を図ることを通じ、お客様の課題を最先端の技術で解決を図り、新たなテクノロジーの価値を社会に届けてまいります。

本記事に関する問い合わせ先:
株式会社レトリバ
担当: 平石
E-mail: pr@retrieva.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事