logo

Save the Bays発表:バハマで判事がピーター・ナイガード氏に罰金命じる

Save the Bays 2017年03月08日 15時49分
From 共同通信PRワイヤー

Save the Bays発表:バハマで判事がピーター・ナイガード氏に罰金命じる

AsiaNet 67720(0342)

【ナッソー(バハマ)2017年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*カナダ実業家が違法しゅんせつによる法廷侮辱罪で有罪

カナダの衣類製造業者ピーター・ナイガード氏は8日、バハマの海岸の自宅付近で環境に被害を与えるしゅんせつをやめるよう命じた裁判所の命令に違反したとして、バハマの判事に5万ドルの罰金支払いを命じられた。

高位裁判所(一審)のロンダ・P・ベイン判事は、ナイガード被告がナッソー島西端にある所有地周辺海底のしゅんせつをやめよとする2013年の同判事の命令に違反した法廷侮辱罪を認定、3月21日までに罰金を支払うか、さもなければフォックスヒル刑務所に14日間拘留すると言い渡した。

地元環境保護団体Save the Bays(STB)の代理人フレッド・スミス弁護士は「バハマにおける環境正義のすばらしい勝利だ」と語った。スミス氏によると、ナイガード氏は何年にもわたり、沖合の砂を掘り返し、海岸沿いに埋め立てて所有地をほぼ2倍に拡大、浅瀬や他の自然生息地に損害をあたえてきた。

スミス氏は「ナイガード氏は何年間も環境に被害を与えてきたが、ペリー・クリスティ首相の政府は法を執行するのではなく、違うことを期待していたようだ。今日、バハマ高位裁判所があらためて法の支配を確認し、ナイガード氏に責任を負わせたことにみんなが喜んでいるはずだ」と述べた。

ベイン判事はナイガード被告に、先の命令に違反して地所の海岸沿いに堆積させた砂を4月7日までに除去するか、さもなければさらに5万ドルの罰金と命令違反1日当たり1000ドルの追加を支払わなければならないと宣告した。また、Save the Baysの訴訟費用もナイガード氏が支払うよう命じた。

ナイガード氏のしゅんせつにまつわる問題は大きな国際的関心を呼んだ。バハマの閣僚が昨年、盗まれたSTBの電子メールを国会の審議で読み上げた際、高位裁判所の判事はSTBの憲法上のプライバシー権を侵害したとして閣僚に15万ドルの罰金支払いを命じた。この判決の後、政府は判事とSTBを国会侮辱に問うと脅して国の憲法上の危機に発展、この問題はまだ決着していない。

米国務省は先週発表の人権年次報告でバハマに関して「市民社会団体の環境は悪化しているようだ」と述べ、Save the Baysのメールの読み上げ事件に触れて「政府の非政府組織(NGO)に対する威嚇」を例に挙げた。

▽問い合わせ先
Paco Nunez
media@savethebays.bs

リンク先:リンク

ソース:Save the Bays

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事