logo

「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」“世界で一番あたたかい取扱説明書”プロジェクトムービー公開

Hand in HandプロジェクトPR事務局 2017年03月08日 12時00分
From PR TIMES

『ルナルナ』×『ドゥーテスト』の共同妊活サポートプロジェクト発足 第一弾アクション



 株式会社エムティーアイが運営するライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、ロート製薬株式会社(以下、ロート製薬)が販売する排卵日予測検査薬『ドゥーテスト(R)LHa』(以下、ドゥーテスト)と共同で、夫婦のための妊活サポートプロジェクト“Hand in Handプロジェクト”を発足。第一弾アクションとして、世界で一番あたたかい取扱説明書~「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」と題したプロジェクトムービーを国際女性デーの3月8日より公開します。

動画URL:リンク
[動画: リンク ]



◆“世界で一番あたたかい”プロジェクトムービー
 今回「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」の完成に伴い2月2日の「夫婦の日」に、実際にこれから“妊活”に取り組もうとする夫婦の協力のもと、妻から夫へ“世界で一番あたたかい取扱説明書”をサプライズでおくる様子に密着したドキュメンタリームービーを制作しました。
 日々の生活のなかで、妊活についてきちんと向き合う時間がとれない結婚2年目の夫婦。妊活への不安を抱えながらも、なかなか本音を伝えることのできない妻から夫へ、「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」が届けられました。“世界で一番あたたかい取扱説明書”が夫婦の間をどのように結ぶのかが描かれています。

[画像1: リンク ]


《ストーリー》
共働きで結婚2年目の夫婦。妊活について夫とも話し合っているが、タイミングが合わないことも多くなかなか前に進まない不安をインタビューで打ち明ける妻。
そんな2人のもとに、2月2日の「夫婦の日」にある贈り物が届きます。
差出人には奥さんの名前が。不思議そうな表情でその贈り物を旦那さんが開けてみると・・・。
「私をどう扱ったらいいかわからず困っているあなたの顔を見ると、ごめんねと心の中では思う。
でもどうしてほしいのかうまく自分でも伝えられないからこの本を贈ります」
とのメッセージと共に彼女から届いたのは、“世界で一番あたたかい取扱説明書”「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」。
そこには「日々のわがままに見えるような素振りも実は甘えたいだけ」「恥ずかしいかもしれないけど、まじめに話し合いたいときもある」など普段はいえない本音や、ホルモンバランスによって影響される女性のカラダのリズムについてなど、妻のカラダやココロの変化についてが「取扱説明書」という形で綴られていました。
日常では気付くことのできなかった妻の気持ちを初めて理解できた夫は思わず涙。一人で考えすぎずに一緒にがんばろうという気持ちを改めて確かめ合った2人は手と手をとりあい新たな一歩を踏み出します・・・。
最初は不安そうな女性が、最後には安心したやわらかい笑顔になる表情の変化にも注目です。

タイトル :世界で一番あたたかい取扱説明書~「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」
公開日 :2017年3月8日(水)
公開URL :リンク

◆妊活中の夫婦をつなぐ“Hand in Handプロジェクト”
 本プロジェクトは“妊活にまつわる様々なギャップを埋めること”をテーマとしています。
 厚生労働省の発表によると1970年代の第二次ベビーブーム以降、出生数は減少傾向にあり、2016年には統計開始(1899年)以来はじめて100万人を割り込む結果となりました。出生率の低下や少子化が大きな社会問題となるなかで、政府主導だけでなく民間企業を含めた社会全体での対策・支援が必要となってきています。
『ルナルナ』とロート製薬は、これまで女性のライフステージに合わせたサービスや製品の提供を通じて女性のココロとカラダによりそってきた企業として、新たな視点でこの課題に取り組むべく2016年から両社で協議を重ねてきました。そのなかで明らかになったのが、女性たちの抱える“妊活”そのものへの漠然とした不安と、その背景にある“パートナーとのギャップ”です。

「子どもを持ちたいと思っているものの、パートナーが協力的ではない」
「妊活をはじめるにあたって、パートナーにどう切り出していいかがわからない」

 このような声を受けて、“妊活”に関するパートナーとのギャップを取りのぞき、どちらかに負担がかたよるのではなく、夫婦が同じ気持ちで、お互いに協力しあって妊活ができる環境を作ることを目的とし“Hand in Handプロジェクト”が発足しました。プロジェクト名とロゴには、夫婦が手と手をとりあってともに未来へ進むきっかけを提供したいという願いが込められています。

プロジェクトサイトURL:リンク

◆世界で一番あたたかい取扱説明書~「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」について

[画像2: リンク ]

 “Hand in Handプロジェクト”の第一弾として取り組んだのが、女性から男性パートナーにギフトとしておくることができる世界で一番あたたかい取扱説明書~「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」の開発です。
 “妊活”に向き合う上で生じやすい夫婦間のギャップを埋めるためのツールで、男性と女性で異なるココロとカラダの仕組みや一ヶ月間のリズム、妊娠する上で必要な知識などパートナーに理解しておいて欲しいことをブックレットにまとめた、世界でたったひとつの自分自身の取扱説明書です。
 様々な分野の専門家の協力をもとに、普段の生活の中で直接パートナーに伝えにくいことや、言葉では表現しにくいことをなるべく伝わりやすく表現し、このツールをきっかけに夫婦間のコミュニケーションが深まるように工夫されています。

《「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUALが届けるアイテム」》
1.男性が読みやすい形式にこだわった “取扱説明書”
 女性側の「伝えたいことを口頭で伝えようとしても、相手がなかなか耳をかたむけてくれない」「話しているうちに感情的になってしまう」といった声から、なるべく男性が読みやすい形式・表現にこだわり“取扱説明書”の形態をとりました。“やってはいけないこと=WARNING”から“故障かなと思ったら=TROUBLE SHOOTING”まで、4章にわけて女性の声を伝える冊子になっています。

2.女性のリズムを視覚的に表現した“COLORS”
[画像3: リンク ]

 男性と比較してホルモンバランスの変化にともなう体調や感情の変動が大きい女性の約一ヶ月間のリズムを視覚的に伝えるために、その人の一ヶ月のココロとカラダの変化をデザインで表現する仕組みを開発しました。
 体温や気持ちの変化に関する基礎情報を入力することで、その人自身のリズムを色で表したオリジナルのデザインパターンが生成されます。


3.夫婦のコミュニケーションを深める世界で一つのオリジナルギフト
[画像4: リンク ]

 冊子の最後には、読み終えた夫婦の間を結ぶコミュニケーションツールとして、“COLORS”で生成されたオリジナルのパズルと、オリジナルの楽曲が収められたレコードが添えられます。夫婦二人で共有できる時間や体験を作り出す世界で一つだけのオリジナルギフトを通じて、コミュニケーションをより深めてもらうことを目的としています。
 レコードに収録されている楽曲は、“COLORS”同様に女性の一ヶ月のリズム
[画像5: リンク ]

の変化を元に構成されたオリジナル曲で、その人の基礎データによってアレンジが変化します。気持ちが穏やかになるよう、女性の安静時の心拍数より少し遅い60BPMのテンポで展開されています。


◆妊活中の女性の声を受けて、プロジェクトに込められた願い
 『ルナルナ』が2014年に妊活中の女性1,240名を対象に行った調査では、「妊活中にストレスを感じる」と答えた女性は86.1%にものぼりました。なかなか妊娠に至らない場合、自分を責めたり、人と比較したりして思いつめてしまう女性は多いようです。
 しかし、妊活の悩みを和らげる方法は「夫に相談する」30.7%がトップとなっており、夫にしてほしいこととしては「会話の時間を増やし、悩みや愚痴を聞いてくれる」「家事を積極的にしてくれる」「ねぎらいやいたわりの言葉をくれる」などが上位に並びました。妊活においてはパートナーが何よりの支えであることがわかります。
 また、妊活中に夫婦間ですれ違いを感じたエピソードのなかには「焦りすぎ、と言われた」「子供がほしいというくせに、努力をしてくれない」「何でそんなことを話し合わないといけないの?と言われた」など、一緒にがんばってほしいのにそれが伝わらなくて悩んでいる女性の声がありました。
 今回の“世界で一番あたたかい取扱説明書”「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」が、パートナーの大切さを改めて気付かせ、夫婦がストレスなく妊活と向き合えるための一助となることを願っています。

◆今後の展開について
「THE MOST LOVING INSTRUCTION MANUAL」は、今回制作されたオリジナルモデルを元に、3月中にWEBコンテンツとしてプロジェクトサイト上で無償公開を予定しています。また今後、本冊子を元にしたワークショップやイベントなど様々なアクションを通じて、妊活に取り組む夫婦をサポートする活動を継続的に展開していきます。
≪活動内容≫
1.“妊活”に関する正しい情報発信による漠然とした不安の解消
2.“妊活”にまつわる男女間の意識・知識のギャップを取りのぞき、距離をちぢめる
3. 世の中へ“妊活”への理解を促し、”妊活”に取り組みやすい社会を作る

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事