logo

青山フラワーマーケットの空間デザイン事業「parkERs(パーカーズ)」がWEBサイトをリニューアルオープン

株式会社パーク・コーポレーション 2017年03月08日 11時00分
From PR TIMES

天気に合わせて映像が変わり、五感を刺激する、体感型のサイトに 

株式会社パーク・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役 : 井上 英明)の空間デザインブランド「parkERs(以下、パーカーズ)」 (www.park-ers.com) は3月8日に、公式WEBサイトをリニューアルオープンいたしました。




今回のリニューアルでは、サイトを単なる情報発信の場としてではなく、パーカーズのフィロソフィーを体感してもらえる場にすることを目指しました。

そのための方法の一つが、東京の天気との連携です。一時間おきに天気情報を取得し、それに合わせてイントロダクションの動画を変更。サイトを見ることで、屋内で一日を過ごす現代人へ、天気を意識させすることを可能にしました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

二つ目はパーカーズのキーワードである「公園」。「公園=人+風景」というフィロソフィーをサイト全体で表現しました。導入部の動画を始めとする自然や植物の瑞々しい「風景」と、それを作り上げたスタッフやそこで暮らす・働く・集う「人」のイメージを融合させ、サイト全体で「公園」を形成しました。

サイトの訪問者が、「ギャラリー」を見るだけでリフレッシュしたり、「ワークス」を見て屋内緑化に憧れを抱き、視察や問い合わせにつながったりと、様々な「目覚め」や「気づき」を与え、それらが「交わる」公園(=Webサイト)になればと考えています。天気や季節で公園の風景が変わるように、今後もコンテンツを拡充し、進化し続けていきます。

■「parkERs(パーカーズ)」とは

[画像3: リンク ]



2013年7月の設立以来、ブランド名の通り、「公園のような心地よさ」を提案すべく、商業施設や住宅、公共施設などの空間プランニング・デザイン設計や施工、オリジナルインテリアの開発を行ってきました。事業の幅も年々広がっており、2015年は東急不動産やコスモスイ二シアが手がける新築分譲マンション開発や、新山口駅の壁面緑化、昨年はコクヨの「デイズオフィス」に参画し、オフィス緑化の推進に一役買うなど、堅調に増収増益を遂げています。

また、昨年は、東京都と東京観光財団が制作したインバウンド向け(MICE)パンフレット「Meetings & Incentive Travel Tokyo」にて、都市緑化による先進的な空間デザインの取り組み事例として紹介。施工を手がけた青山フラワーマーケットティーハウスが東京都の海外向けプロモーションビデオの撮影場所に使われるなど、海外からの問い合わせや視察希望も増えています。この背景には、トレンドとしてボタニカル、ナチュラル志向が広がっただけではなく、世界的な環境意識、サスティナブル社会、エネルギー問題、健康・長寿意識の高まりが背景にあると考えています。

今年はブランド設立から5年目を迎えることもあり、WEBサイトを一新、インスタグラム(@parkers_official)も開始し、さらなる飛躍の年にしたいと思っています。

■パーカーズ公式WEBサイト 制作スタッフ
アートディレクター Naoto Kishi
フォトグラファー  Yuji Kimura
ムービー   LOBO Co.Ltd.
Web ディレクター Kimiyasu Tanaka / Ayano Tsuzuki

■会社概要
名称  : 株式会社パーク・コーポレーション (リンク
代表者 : 代表取締役 井上 英明
本社  : 〒107-0062 東京都港区南青山5-1-2 5F
設立  : 1988(昭和63)年12月24日
資本金 : 2,000万円
ブランド: フラワーショップ/Aoyama Flower Market (www.aoyamaflowermarket.com)
フラワースクール / hana-kichi (www.hana-kichi.jp)
カフェ / Aoyama Flower Market TEA HOUSE (www.afm-teahouse.com)
空間デザイン/ parkERs (www.park-ers.com)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。