logo

世界初の本格的なフラット衛星アンテナの市販発表

Kymeta Corporation 2017年03月08日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

世界初の本格的なフラット衛星アンテナの市販発表

AsiaNet 67697(0337)

【ワシントン2017年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*グローバルのモバイル・コネクティビティーを可能にする広範な市場向け製品
*KymetaがmTenna(u7)衛星アンテナとKyWay(TM)ターミナルの市販を発表し、SATELLITE 2017で予約受け付け開始

Kymetaは8日、ワシントンで開催中のSATELLITE 2017で、モバイルおよび固定プラットフォームで広範に利用できる世界初の電子走査衛星アンテナ、mTenna(u7)の商用トライアルを5月に開始すると発表した。Kymetaは現在、mTenna(u7)衛星アンテナとKyWayターミナルの市販予約を受け付けている。

Logo - リンク
Logo - リンク

KymetaのmTenna(R)技術は従来のパラボラアンテナにとって代わる軽量で薄いソフトウエア操作アンテナで、モバイル通信用に特別設計されている。衛星業界は、衛星経由でモバイル通信市場と結ぶ巨大容量の電子操作アンテナを待っていた。これは巨大容量のある初の技術である。

Kymeta mTenna(u7) ASMとKyWay Terminalは、かつて不可能だった衛星スペクトルによるモバイル通信を実現する。ハイスループットのコネクティビティーは今後、海運、鉄道、VIP用民間装甲車(CAV)、エネルギーなど幅広い市場で利用できるようになる。Kymetaがもたらす利用および市場の範囲は衛星、通信の両業界に影響を与える。

VT iDirectのデービッド・ハロワー事業開発担当副社長は「iDirectは20年にわたるモバイル衛星通信のリーダーであり、新市場への衛星コネクティビティーを実現し拡張するこのような技術を待ち望んでいた。われわれiDirectは、Kymetaの信頼できるソリューションとともに革新的なKyWay Terminalをサポートする最初のモデム・パートナーになることを誇りに思う。それはIntelsatOne(R) Flexネットワークを通じたKymeta KALO(TM)のコネクティビティーサービスもサポートする」と語った。

KymetaのmTenna技術は、以下のようないくつかの先進的特徴を持つベースに、薄型、軽量、省スペースでメタマテリアル・ベースのKu-bandアンテナを提供する。

*可動部品のない偏光選択、角度制御のマニュアルないし自動モードの電子RFビーム操作

*標準化アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)による通信で衛星を自動補足して追跡

*かさばる既存のレードームにとって代わり、軽量で取り付けやメンテナンスがしやすい堅牢なフラット・レードーム

*消費電力が低く、単一開口部から送受信操作をサポート

詳細はSATELLITE 2017でKymetaに連絡を。

*3月7日-9日、ブース1109
Kymetaが開場時間中、mTenna(u7) ASMとKyWay Terminalを展示し、予約を受け付け

*3月6日午前11時20分-11時40分(米東部標準時、以下同):ドームなしの時代へ、将来の海運通信がフラットになる理由
Kymetaのハカン・オルソン海運担当副社長が海運コネクティビティー業界の変革を論じる

*3月7日午後1時45分-3時:標準化によって臨界質量を提供
Kymetaのビル・マークス最高販売責任者(CCO)と業界役員、EMEA Satellite Operators Association(ESOA、EMEA衛星事業者協会)が衛星業界の相互運用性の将来について討議

*3月7日午後3時15分-4時:フラットアンテナはより豊かな収益をもたらすか?
Kymetaのネイサン・クンツ創業者兼社長兼最高経営責任者(CEO)がコネクティビティー技術のリーダーたちとフラット型アンテナ・ソリューションに切り替える経済利益を探る

*3月8日午後1時45分-2時15分:過去のミスを回避してビジネス事例を完了
Kymetaのケイト・フォン・オッペンIoT事業開発マネジャーが他の業界幹部とともに、開発コスト、競合、未来の破壊的技術を過小評価しない事業計画の重要性に焦点を当てる

*3月8日午後2時-2時45分:「どの技術が新モバイル海運時代の道を切り開くか?」と題するMSUAのモビリティー海運問題セッション
Kymetaのハカン・オルソン海運担当副社長が他の業界専門家とともに、海運市場におけるアンテナ技術の進化する役割を分析する

▽Kymeta Corporationについて
Kymetaはコネクティビティーがどうあるべきかを提供する。それはセキュア、アベイラブル、グローバルである。Kymetaは移動中の高帯域通信の衛星ネットワーク機能を活用する革新的な方法を提供し、さまざまな障害を取り除いている。当社の最初の製品であるソフトウエア利用のメタマテリアルをベースにした電子ビーム形成アンテナと衛星通信用ターミナルは船舶、航空機、自動車、その他をコネクトした状態に保つ。

KymetaはFast Company(ファスト・カンパニー)誌の2017年World’s Most Innovative Companies in Space(世界で最も革新的な宇宙分野の企業)アワード、そして2017年のPuget Sound Business Journal誌Innovation Award for Technology(テクノロジー分野のイノベーション・アワード)で認められた。また、当社は2016年のSeattle Business誌Silver Tech Impact Award for Emerging Technology(新興テクノロジー分野のシルバー・テック・インパクト・アワード)を受賞、フロスト&サリバンの2016年New Product Innovation Award(新製品イノベーション・アワード)を、すぐ後に2b AHEAD Innovator Awardを受賞した。当社はCNBCで、2年連続でディスラプター(創造的破壊者)に選ばれ、Strategic News NetworkではFiReStarter(発火者)に、そしてTop 50 MIT Technology Review Disruptive Company(MIT Technology Reviewトップ50ディスラプティブ企業)にも選ばれた。Kymetaはトヨタ自動車、Intelsat、パナソニック、Airbus Defence& Space、シャープ、Intellian、03bその他の業界リーダーと重要なパートナーシップを組んでいる。それが動けば、当社はそれがコネクトした状態を保つ。どんな場所でも。当社は米ワシントン州レドモンドを本拠に、全世界規模で事業を展開している。詳しくはwww.kymetacorp.com を参照。

▽ビジネス関係問い合わせ先
Lisa Dreher
Director of Marketing
Kymeta Corporation
+1 425.658.8724
ldreher@kymetacorp.com

▽メディア関係問い合わせ先
Aaron Grabein
WE Communications
+1 512.527.7022
agrabein@we-worldwide.com

ソース:Kymeta Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事