logo

Sigfoxに対応するプラグ・アンド・プレイ型のIoTセキュア・エレメントを発表

STマイクロエレクトロニクス 2017年03月08日 09時20分
From PR TIMES

CC EAL5+認証取得済みの新しいセキュア・エレメントSTSAFE-A1SX、Sigfox LPWAN IoTネットワーク接続のアクティベーション機能とセキュア化を提供



[画像: リンク ]

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最先端のセキュリティ機能を提供するプラグ・アンド・プレイ型のセキュア・エレメント(SE)をSTSAFEファミリに追加しました。この新製品は、LPWAN(省電力広域ネットワーク)であるSigfoxに接続される機器に対応します。

新しいSTSAFE-A1SXは、Common Criteria EAL5+認証を取得済みの耐タンパ性を備えたセキュア・エレメント技術を採用しています。この技術により、SigfoxネットワークにおけるIoT機器の通信の完全性と機密性を向上させます。同製品が実行する最適化されたセキュア・アプリケーションには、銀行業務、eコマース、ID分野の電子セキュリティに関するSTの経験や専門性と、急成長中のIoT分野におけるネットワークおよびデータ通信に関するSigfoxの専門性が組み合わされています。

STSAFE-A1SXは、小型かつコスト効率に優れたセキュア・エレメントで、IoT機器やIoT用モジュール内のマイクロコントローラ(マイコン)にI2C(Intelligent Interface Controller)経由で接続します。STのセキュアなパーソナライゼーション・センターにおいて機器IDと鍵のプロビジョニング書き込みが施される同製品は、Sigfoxクラウドへのプラグ・アンド・プレイによるセキュアな接続を可能にし、データ交換の完全性と機密性を向上させます。また、フレームがアップリンク・メッセージであってもダウンリンク・メッセージであっても、ペイロードの完全性証明を生成あるいは検証し、オプションとして暗号化あるいは復号化を実施できます。鍵とその他の機密情報は、STSAFE-A1SXの製造時からSTSAFE-A1SXが搭載されるシステムの製品寿命を通して、セキュア・エレメント内部で常に保護されています。

STのマイクロコントローラ & デジタルICグループ、セキュア・マイクロコントローラ事業部マーケティング・ディレクターであるLaurent Degauqueは、次のようにコメントしています。「当社は、Sigfoxのセキュリティ・サービスを耐タンパ性を持つ認証取得済みのSTSAFE-A1SX上で実行させることにより、Sigfox Ready(TM)機器メーカーおよびSigfoxアプリケーション・プロバイダによる最先端かつ包括的な(end-to-end)セキュリティの実装をサポートします。STSAFE-A1SXは、Sigfoxネットワークのセキュリティをこれまで以上に強化すると共に、その実施を容易にします。ユーザはこのセキュア・エレメントをSTM32などの汎用マイコンに接続するのみでよく、アプリケーションの開発に専念することができます。」

Sigfox社の最高マーケティング責任者(CMO)のLaetitia Jay氏は、次のようにコメントしています。「IoTソリューションの設計・開発の初期段階において、セキュリティ・アーキテクチャの考察と計画を行うことは、かつてないほど重要になっています。STとの協力は、パートナーやお客様に、耐タンパ性を備えた最先端の認証取得済みセキュリティ・ソリューションを提供するために不可欠です。STのセキュア・エレメントを、Sigfoxライブラリ、STM32およびS2-LP(Sub-1GHzトランシーバ)と組み合わせることで、超低消費電力かつ高性能なターンキー・ソリューションが実現し、IoT機器やセンサ機器をクラウドに接続するための各種アプリケーションにおいて包括的な(end-to-end)セキュリティ・レベルをさらに向上させられます。」

STSAFE-A1SXには、STSAFEファミリのその他の製品と同様、ツールとソフトウェアの完全なエコシステムが用意される予定です。そのため、セキュリティに関する専門知識の有無にかかわらず、開発スピードを速めることができます。この製品には、STM32 Open Development Environmentに準拠した拡張ボードが用意されます。また、STは、S2-LPおよびSTM32を含め、Sigfox Ready機器の完全なリファレンス設計を提供しています。

・NUCLEO-L053R8 : STM32L053R8マイコン搭載のSTM32 Nucleo-64開発ボード
・STEVAL-FKI868V1 Sub-1GHz開発キット :
S2-LPを制御する低消費電力STM32Lマイコン、およびファームウェア更新用の
ST-LINK/V2-1デバッガとプログラマを搭載
・STSAFE-A1SX

STSAFE-A1SXは、2017年5月に量産が開始される予定で、SO8N(4 x 5mm)およびUFDFPN8(2 x 3mm)の2種類のパッケージで提供されます。価格およびサンプルについては、STのセールス・オフィスまでお問い合わせください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2016年の売上は69.7億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。