logo

話題のあの炊飯器のごはんも食べられる!?梅田の真ん中で美味しい食べものと楽しい雑貨に出会える屋外マルシェ!「うめきたスローブランチ」を3月25日(土)・26日(日)に開催!

株式会社Andeco 2017年03月07日 11時18分
From PR TIMES

アプリをつかって並ばずに注文できたり、お店やアーティストのことがわかったり。いろんな“わくわく”がみつかります。

株式会社Andeco(本社:大阪市福島区 代表取締役社長:早川 慶朗)は、「大切な人と、ゆっくり食べよう、ゆっくり話そう。」をコンセプトに、こだわりのキッチンカーやハンドメイド作家、アーティストが集う屋外マルシェ「うめきたスローブランチ(リンク)」を、3月25日(土)・26日(日)に大阪・梅田「うめきたガーデン」にて開催いたします。



[画像1: リンク ]

【うめきたスローブランチの概要】
 本イベントでは、パンや焼菓子、イタリアン、カンボジア料理などの幅広いジャンルのキッチンカー、陶芸や木工、小物やアクセサリーのハンドメイド作家を中心に40を超えるブースが出展。丸亀製麵を運営するトリドールグループの食材通販会社「株式会社バルーン(リンク)」が厳選した“ストーリー食材”や、大阪・玉造の「れもん商店」がセレクトした世界各国の食品や調味料、話題のあの炊飯器で炊いたごはんまで、“作り手の顔がみえる”ことにこだわったイベントとなっております。

 ハンドメイド作家のブースでは、ハンドメイド作品の写真・アイデア・作り方などを共有するアプリ「Craful(クラフル・リンク)の“レジンクラフト”のスターターキットもイベント特別価格で販売。作家さんたちによるワークショップも楽しんでいただけます。

 会場では、お客さまにゆったりとした時間を過ごしていただくために、コーヒーやワインなどの一部商品を弊社が開発しているスマートフォンアプリをつかって並ばずに注文することができ、お店やアーティストに関する情報がわかるなど、さまざまな“わくわくする仕掛け”を用意しています。

【日時・開催場所】
 日時:2017年3月25日(土)・26日(日)両日ともに11:00~17:00
 場所:うめきたガーデン(下図参照)
[画像2: リンク ]

【出展者一覧】
 イベントサイト(リンク)よりご確認ください。

【本イベントにかける思い】
 小売業や飲食業などのビジネスは固定店舗で行うのが今までのスタンダードでした。 しかし、人気のエリアは賃料が高いうえ、そもそも空きを見つけるのが大変です。運良く店舗を借りられても、内装工事やレジ機能の準備、開店のプロモーションなど、気軽に参入できるものではありません。弊社では「Mobility Store Platform」という構想を立ち上げ、その参入ハードルを大きく下げる挑戦を続けています。
 本イベントの一部店舗には、移動販売のツール(ブース、電気・水道、スマートフォンアプリ)をワンストップで提供しております。この取り組みをスモールビジネス立ち上げの支援だけに留めず、人々が新しいモノや美味しいモノに出会える場所をつくり、世界中に広めてまいります。
[画像3: リンク ]

【株式会社Andeco(リンク)について】
”Design ecology and economy for liveable and sustainable society” 「生き活きとした暮らし、持続可能な社会のために、環境と経済活動をデザインする。」 弊社の社名であるAndecoは、このメッセージを組合せて創りました。アイデアと知恵と知識を統合・デザインし、地球環境と調和した、人々が生き活きと暮らすことができる世界を実現します。

※ 当イベントは、メディア取材を受け付けます。
当日ご取材いただけるメディア関係者の方は、下記メールアドレスにご一報ください。
株式会社Andeco 広報担当:門垣(モンガキ) メールアドレス:media@andeco.co.jp
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。