logo

標的型メール攻撃対策「Active! zone」、エンタープライズ向けに機能強化

― マクロの除去+より確実な“目視”の機能を拡充、6月末にリリース予定 ―

株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリ 
ティア」)は、地方自治体向けのメール無害化ソリューションとして2016年6月にリ
リースを開始した「Active! zone」を、2017年6月末より標的型メール攻撃対策   
ソリューションとしてエンタープライズ向けに機能を拡充することを発表します。

報道各位
2017年3月7日
プレスリリース

==================================================
  標的型メール攻撃対策「Active! zone」、エンタープライズ向けに機能強化  
― マクロの除去+より確実な“目視”の機能を拡充、6月末にリリース予定 ―
==================================================
株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリ 
ティア」)は、地方自治体向けのメール無害化ソリューションとして2016年6月にリ
リースを開始した「Active! zone」を、2017年6月末より標的型メール攻撃対策   
ソリューションとしてエンタープライズ向けに機能を拡充することを発表します。

総務省が地方自治体へ向けて推奨している【自治体情報システム強靭性向上モデル】を
支援するソリューションとして「Active! zone」などクオリティアの無害化ソリュー 
ションは、2017年2月末時点で35の都道府県内で県のセキュリティクラウドや県下の市
区町村に導入されています。その中心である「Active! zone」を機能拡充し、主に6つ
の機能で巧妙化した標的型メール攻撃に対抗するソリューションとしてエンタープライ
ズのお客様へ向けて本格的にリリースします。

2016年3月に発生した大手旅行代理店の標的型メール攻撃による約793万件の個人情報の
流出は、実在する航空会社を名乗るものからの悪意ある添付ファイルを開いてしまった
ことが原因と言われています。特定の相手を狙って巧妙に仕組まれたメール攻撃によっ
て被害が拡大している今、添付ファイルに対する対策は急務になっています。ふるまい
検知やサンドボックスなどのシステムだけに頼るのではなく、ウイルスの芽を摘む「マ
クロの除去」や最も安全な“人の目”による対策が有効です。2017年6月末にリリース
予定の標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」は、マクロの除去+目視
による対策で威力を発揮します。


■<有効な6機能> 標的型メール攻撃対策ソリューション機能一覧
1. マクロの除去
2. 添付ファイルの画像化
3. 添付ファイル分離/ダウンロード
4. 送信元の国名表示
5. HTMLメールのテキスト化
6. 受信メールのduplicate


「マクロの除去」「添付ファイルの画像化」「添付ファイルの分離/ダウンロード」
「送信元の国名表示」が機能拡張し実装されます。「添付ファイル分離/ダウンロー
ド」においては、受信した添付ファイルをメール本文と切り離して「Active! zone」上
に一度格納し、添付ファイルを画像表示にてユーザー自身で確認することで正当なファ
イルであるかを判断します。また、ZIPパスワード付きファイルは「Active! zone」上
で解凍でき、さらに読み取りパスワード解除にも対応する利便性を備えています。「送
信元の国名表示」では、受信したメールがどこの国を経由して届いたメールなのかを国
旗を使って表示することで、ITリテラシーの高くないユーザーに気付きを与え感染のリ
スクを大幅に軽減します。
このように、ローカルにダウンロードする前にブラウザー上で添付ファイルの中身や経
由国を確認するなどの“目視”によるワンステップを入れることで悪意あるファイルの
侵入を阻止し、強固なセキュリティを保ちます。「Active! zone」は悪意のあるメール
/添付ファイルを取り込まないために、マクロの除去とユーザー自身の目視による対策
で大切な情報を守ります。



◆◇講演情報◇◆------
エンタープライズ向け、Active! zoneに関する講演:
2017年3月10日(金)に株式会社日経BP主催の「Cloud Days東京」にて講演を行います。

【講演タイトル】
「標的型攻撃は、やはり入口で対策を~添付ファイルに潜む脅威から情報を守る手段~」
▼詳細URL:リンク
----------------------


■「Active! zone」について
「Active! zone」は、総務省が推奨する自治体向け情報セキュリティ対策の一つである、
添付ファイルの無害化転送を強力にサポートするソリューションとして開発されました。
2017年6月にはエンタープライズ向けとして「マクロの除去」「添付ファイルの画像
化」「添付ファイルの分離/ダウンロード」「送信元の国名表示」「HTMLメールのテキ
スト化」「受信メールのduplicate」の6機能が拡充し、添付ファイルに潜む脅威に対し
威力を発揮します。ウイルス感染の元となる添付ファイルに含まれる悪意あるマクロウ
イルスを除去し、さらに、隔離された環境下で添付ファイルをユーザー自身の目によっ
て正当かどうか確認することでセキュリティを保ちます。また、「Active! zone」は国
内を拠点とする迅速なサポート体制を提供することで、安心してご利用いただけるソ 
リューションです。
 参考リンク :リンク

■クオリティアについて
株式会社クオリティアは、株式会社トランスウエアとディープソフト株式会社が2015年
10月1日に経営統合し誕生した会社です。メールソリューションやメールセキュリティ
を中心とした事業展開を行なっており、主力製品である国内シェアNo.1 のWebメール
「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」などを通じて、企業、官公庁、
国内主要大学でのコミュニ ケーションの効率化やIT人材の育成に貢献しています。ま
た、Office 365やG Suiteと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス
「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」な
どを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
 参考リンク : リンク

■本リリースのお問い合わせ先
株式会社クオリティア
営業本部 マーケティング部 稲垣
email:press_pr@qualitia.co.jp
phone: 03-5623-2532

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。