logo

「2017年版 SUUMO住みたい街ランキング 関東版」を発表! 昨年1位の「恵比寿」を抑え、「吉祥寺」が1位に返り咲き

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年03月07日 10時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口 孝広)では、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に実施したWEBアンケート形式による「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」を集計しましたので、概要をご報告いたします。

―――――――――― ■調査トピックス ――――――――――

<住みたい街(駅) 総合ランキング>

・最も住みたい街(駅)は「吉祥寺」。昨年1位「恵比寿」を上回り2年ぶりのトップ。
・2020年の品川-田町間の新駅開業、車両基地の開発が話題の「品川」が過去最高の5位。
・今春“渋谷キャスト”が開業するなど再開発が進む「渋谷」が初のトップ10に。
・20位以内では「大宮」「北千住」「浦和」「立川」が過去最高位。(大宮は過去にタイあり)
・21位以下で過去最高位から15位以上ランクを上げたのは「清澄白河」「駒込」「辻堂」「新浦安」「流山おおたかの森」「本八幡」「所沢」「蒲田」「五反田」「水戸」


<住みたい行政市区 総合ランキング>

・1位は「港区」で2年連続。2015年度から実施の第二子保育料無料化など子育て支援策が話題
・4位「千代田区」5位「中央区」7位「品川区」は3年連続の順位上昇。
・「千代田区」は23区内で唯一高校生(千代田区内限定)まで医療費助成するなどの子育て支援策が話題。
・「鎌倉市」は東京23区外での唯一のトップ10。
・11位以下50位以内で3年連続順位上昇したのは「横浜市西区・港北区・神奈川区」「藤沢市」「立川市」「つくば市」「千葉市中央区・美浜区」「水戸市」「所沢市」。


<穴場だと思う街(駅) ランキング>

・ダントツ1位は昨年同様に「北千住」。5路線が乗り入れる交通利便性に加え、駅前の再開発や商店街の新陳代謝、治安の向上などポジティブな要素が重なりイメージがアップ。
・2位の「赤羽」も、都心からのアクセスが良く、家賃が手ごろな上、駅前に規模の大きい商業施設や商店街の充実ぶりには定評がある。
・「池袋」「巣鴨」「大塚」「駒込」「田端」と山手線の街(駅)が多くトップ10入り。山手線の駅のなかでは比較的家賃が安く、飲食店の多さや、昔ながらの商店街がにぎわい、生活利便性が高いことが大きな魅力としてとらえられている。

ランキング結果はコチラ
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。