logo

【ホテル椿山荘東京】“ひらひらと蛍煌めく”季節へ  5月中旬には飛翔予定!「ほたるの夕べ 2017 ~Firefly Fantasy~ 」

藤田観光株式会社 2017年03月06日 16時35分
From Digital PR Platform


ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:本村 哲)では、2017年5月19日(金)~7月2日(日)まで、毎年恒例の「ほたるの夕べ」を開催します。

1954年に蛍の観賞をはじめてから60余年。本年も優雅に舞う、蛍を庭園でご観賞いただけます。「ほたるの夕べ」では、くつろぎの時間の中にも、家族や大切な人と、記憶に残る素敵な時間をお過ごしいただきたく、様々なイベントやお料理などをお届けいたします。

幻想的にひらひらと舞う蛍の観賞とともに、この季節限定のディナーブッフェやレストランメニュー、閉園後の庭園を特別にご散策いただける限定ステイプランなど、美食やくつろぎの中にも忘れられない想い出となる、贅沢なひとときをご提供いたします。

◆イベント:毎年大好評の「ほたるの夕べ ディナーブッフェ 2017」
ブッフェの主役は、好評の「ローストビーフ」と海の高級食材「鮑料理」。鮑は「ミニ鮑丼」や前菜などで登場します。このほか、デザートステーションではお好みに合わせてオリジナルパフェ作りをお楽しみいただけます。お寿司のステーションには蛍見立てのいくらの軍艦巻きも登場!

◆レストラン:初夏の旬の走りの食材と蛍をモチーフとしたメニューが登場!
イタリア料理「イル・テアトロ」/料亭「錦水」/日本料理「みゆき」/
石焼料理「木春堂」/カジュアルダイニング「ザ・ビストロ」/そば処「無茶庵」
ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」/メインバー「ル・マーキー」

◆宿泊:特別なスイートルームにご宿泊、贅沢なプライベートホタル観賞付きステイプラン
4種の唯一無二のスイートルーム等からお部屋をセレクトいただけます。宿泊特典として、閉園後の静寂な庭園で幻想的な蛍観賞を大切な方とお楽しみいただけます。

<<イベント:「ほたるの夕べディナーブッフェ 2017」ほか>>
『ほたるの夕べ ディナーブッフェ2017年~記憶に残る、特別な日~』 
 メイン料理には、「ローストビーフ」と「鮑料理」をご用意いたしました。毎年人気のローストビーフは、目の前でお取り分けいたします。海の高級食材「鮑」はミニ鮑丼や前菜などで登場。また、フレッシュサラダステーションでは特製のビネガードレッシングとお好みの野菜を合わせてオリジナルサラダに。さらに、デザートステーションにてオリジナルパフェ作りをお楽しみいただけます。煌めく蛍と華やかな数々の料理とともに、家族や大切な人との素敵な時間をお過ごしください。

■期間:2017年5月19日(金)~7月2日(日)
■料金:大人(月~木)9,800円 (金土日)10,500円
小学生(月~木)4,300円  (金土日)4,500円
幼児(3歳~)(月~木)2,300円 (金土日)2,500円
■時間:受付開始 18:30~ 食事 19:00~21:00
■メニュー:料理/和洋ブッフェ 
飲物/フリードリンク(赤・白ワイン、ビール、ウイスキー、焼酎、ソフトドリンク)
【イベントのご予約・お問い合わせ】03-3943-1140(9:00~20:00)
*詳細は3月中旬、ホームーページにて公開いたします。

※お食事会場から蛍の観賞はできません。
※蛍は気象条件により、ご覧いただけない場合がございます。
※ブッフェは最少催行人数に満たない場合、または会場都合により中止することがございます。
※仕入れ状況によりメニュー内容が変わる場合がございます。
※写真はイメージです。

<<レストラン:初夏の旬の食材と蛍をモチーフとしたメニューが期間限定で登場!>>
8店舗のレストランで、蛍の季節にちなんだコース料理や、初夏の旬の食材を使用した料理など、季節限定メニューをご用意いたします。蛍舞う幻想的な非日常空間の中で、喧噪を離れ、大切な方と優雅な時間をお過ごしください。

■期間:2017年5月19日(金)~7月2日(土)
■対象店舗:イタリア料理「イル・テアトロ」/料亭「錦水」/日本料理「みゆき」
石焼料理「木春堂」/カジュアルダイニング「ザ・ビストロ」/そば処「無茶庵」
ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」/メインバー「ル・マーキー」

■おすすめメニュー
・イタリア料理「イル・テアトロ」
『LE LUCCIOLE ~一瞬の光~』ランチ¥5,500 ディナーコース¥16,500※消費税込み、サービス料別
ランチ・ディナーともに注目の一品は、パルメザンクリームのエスプーマで包まれた自家製パスタ。卵黄、パルメザン、シェフ特製のチップを混ぜ合わせるとカルボナーラに!ディナーのメインには、仔牛のフィレ肉、デザートは蛍に見立てた球体ドルチェが登場。ランチには、華やかな季節のスイーツなど、お好きなものをお選びいただける、デザートワゴンをご用意いたします。

・料亭「錦水」
『蛍会席』¥22,000 ※消費税込み、サービス料別
初夏の鮑を湯洗いにして、肝のソースで仕上げました。素材本来の味を最大限にいかすため、白身魚は、錦水特製の白凝り酢、本鮪炙りは土佐醤油でどうぞ。旬の鮎に加え、お好みで鰈に変更することも可能です。錦水名物の、ふかひれ姿煮や車海老など豪華食材を楽しむ「冬瓜釜」。


・日本料理「みゆき」ランチ、ディナー 
『蛍の頃の季節御膳~悠楽~』¥5,500 
『蛍火会席』¥16,500 ※消費税込み、サービス料別
ランチには鮑の遠山焼、鮎唐揚げ、鱧紅梅など旬の食材を取り入れました。ディナーは穴子やとうもろこし、笹の香りがふわっと広がる鮎笹巻き寿司などの前菜から、黒毛和牛サーロイン治部煮、味噌の香りが食欲をそそる伊勢海老朴葉焼など、厳選された食材が織りなすお料理をご賞味いただけます。

・石焼料理「木春堂」ランチ、ディナー
『石焼ランチ~木立』 ¥5,500
『石焼会席~平家蛍~』¥16,500 ※消費税込み、サービス料別
ランチでは、富士山の溶岩石でじっくりと焼き上げ、素材そのもののおいしさを引き出した国産牛サーロインと国産豚ロースをお召し上がりいただけます。スジ肉をじっくりと煮込み旨みの増した牛の旨煮は、格別の美味しさです。さらに、旬を堪能するスープをご用意。さっぱり冷たいのど越しで、旬のとうもろこしを丸ごと味わえます。ディナーには蛍が光り輝く様子を表現した、カボチャの蜜煮を添えてご提供いたします。味覚だけでなく視覚でもご堪能いただけます。

・カジュアルダイニング「ザ・ビストロ」
『ホタルノヒカリ Hotaru no Hikari』ランチ¥4,800 ディナー¥6,900    
※消費税込み、サービス料別
蛍舞う季節には、旬の食材をたっぷりと取り入れたメニューをご用意いたしました。オレンジとディルの香りをまとった前菜からはじまる初夏のコース料理。ディナーには、プロヴァンス風の舌平目のポワレにキヌアとトマトを添えて爽やかに。

・そば処「無茶庵」ランチ、ディナー
『そば御膳~光華~』¥4,000
『そば会席~蛍光~』¥6,500  ※消費税込み、サービス料別
季節に応じてそば粉を厳選し、のど越しが良く弾力もあり歯ごたえも感じられる二八蕎麦を旬の食材とともにお召しあがりいただけます。蛍の季節にお届けするランチ「光華」は茗荷寿司、ディナーの「蛍光」では人気の銀鱈西京焼きとともにお楽しみいただけます。

・ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」
『初夏のアフタヌーンティー』¥3,800
『初夏のイブニングキュートティー』¥3,000 ※消費税込み、サービス料別
  気持ちをリフレッシュさせてくれる香りのレモングラスのジュレやフレッシュイチジクを乗せたフロマージュブラン、人気のスコーンはショコラレモンとシークワーサーオレンジで初夏のフレーバーに。フィノキオーナと南瓜のオープンサンドにはカラメルナッツとクランベリーコンフィの甘さをプラス。
イブニングキュートティーではフェンネル、ローズマリーなどのハーブ香るスイーツをお好きな紅茶とあわせて優雅なティータイムをお過ごしください。

・メインバー「ル・マーキー」
『蛍カクテル』 各¥2,000
 まるで蛍が棲む水辺をイメージしたブルーキュラソーを使ったカクテルには蛍の光のようなカクテルオニオンを添えて。赤く沈む日が美しい時間と闇が覆うまでの僅かな時間を表現したロングカクテルなど、蛍観賞の余韻まで楽しんで。


【レストランのご予約・お問い合わせ】03-3943-5489(9:00~20:00)
*詳細は3月中旬、ホームーページにて公開いたします。

※お食事会場から蛍の観賞はできません。
※蛍は気象条件により、ご覧いただけない場合がございます。
※仕入れ状況により、メニュー内容が変わる場合がございます。
※写真はイメージです。

■蛍ステイプラン「Diamond Collection HOTARU Special」
4種の唯一無二のスイートルーム等からお部屋をお選びいただく贅沢ステイプランです。閉園後の静寂な庭園で蛍の舞いをゆったりとお楽しみいただく優雅なひとときも特別にご用意させていただきます。

■期間:2017年5月19日(金)~6月4日(日)
■料金 :
(1)~(3)<2 名 1 室ご利用時>お一人様 70,000 円~
(4)  <2 名 1 室ご利用時>お一人様 39,000 円

(1)ビューバススイートプラン(93 m2) 
(2)ハイドアウェイガーデンスイート(93 m2)
(3)和室スイート(83m2)
(4)アクアガーデンルーム(64m2)
※サービス料・消費税込、東京都宿泊税別

■内容 :
・選べるご朝食(洋食・和食・ルームサービスよりお選びいただけます)
・プライベートバーのご利用フリー
・スパ(プール、温泉、フィットネスジム)のご利用
・プライベートホタルナイト(閉園後の蛍鑑賞&ル・マーキーでのグラスシャンパン)付き

■ご予約・お問い合わせ:宿泊予約直通 03-3943-0996(9:00~20:00)

◇1954年より初夏の風物詩として親しまれている蛍観賞
緑豊かで広大な庭園を持つホテル椿山荘東京では、2000年から専門家の指導の下、ゲンジボタルが産卵から飛翔まで生息できる環境作りに取り組んで参りました。庭園内を流れる地下から流出するミネラル分豊富な秩父山系の湧水の水質・水量の改善等を実施しました。現在では産卵から終齢幼虫までの人工飼育を庭園内及び弊社内の飼育施設で行い、毎年冬に幼虫を放流しています。
緑あふれ“都会のオアシス”といわれるこの地でやわらかな光を放つ蛍は、東京での初夏の風物詩として1954年より愛されてきました。62回を数える今年もホテル椿山荘東京では初夏の夜を幻想的に演出する夕闇に浮かぶ淡い光、やわらかな曲線を描いて舞う蛍をお楽しみいただけます。

◇蛍初飛翔の「500度説」の仮説を検証中
蛍の初飛翔について2010年から「500度説」という仮説を検証する観測を2010年から行っています。ゲンジボタルの幼虫は水生で、幼虫が陸に上がるのは桜(ソメイヨシノ)が散る時期の4月の雨の夜が多いと言われています。上陸の翌日から「1日の平均気温」を積算(加算)していき、500度に達した時に蛍の初飛翔が観測できるという説です。なお検証を始めた2010年から2012年までは、ほぼ「500度説」通りに初飛翔が観測。2013年は温度計の故障により欠測。2014年は前日積算温度が521度になった5月18日に初飛翔を観測し概ね実証成功。しかしながら2015年は626度になった5月16日に初飛翔を観測し大きく500度を外す結果となりました。2016年は568度の時点で初飛翔を確認。500度に達した5月7日から3日の誤差となりました。果たして500度説の真偽はいかに? 引き続き2017年も検証を続けて参ります。

◇室内ビオトープで雨の日でも蛍観賞
蛍の観賞は一般的に夏頃というイメージが根強いですが、ホテル椿山荘東京の庭園では例年、初夏にあたる5月中旬から蛍が舞い始めます。庭園で確認できる蛍は明るくゆっくり光りながら飛び、多くの人に親しまれているゲンジボタルです。
ゲンジボタルは庭園内の「ほたる沢」付近、「古香井」付近、水車の周辺でご覧いただけます。また雨天でも間近に観賞できるビオトープ(生物空間)を設置しています。滝の裏など蛍が好む水辺の環境を活かし、室内環境のビオトープをご用意いたします。悪天候のときは姿を現さない庭園の蛍ですが雨天時でもビオトープでは飛翔や輝く姿を見せてくれるかもしれません。間近にその姿をご観賞ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。