logo

NTTデータ、NTTデータ経営研究所、アイリッジ、unerry ビーコン位置情報を活用した日本最大規模のマーケティング実証実験を福岡市で実施

株式会社アイリッジ 2017年03月06日 15時00分
From PR TIMES

~アイリッジ、実証実験用アプリを開発支援、「popinfoプラットフォーム」を導入~

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、以下「アイリッジ」)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下「NTTデータ」)、株式会社NTTデータ経営研究所、株式会社unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山 英俊、以下「unerry」)と連携し、3月6日(月)から同月末日までの間、ビーコン位置情報を活用したメッセージ・キャンペーン情報配信サービスの実証実験を福岡県福岡市で行います。福岡市の各種店舗や駅、オフィスなどの施設に設置されている3,000個以上のビーコンを活用し、約2,000人のモニターを対象としてキャンペーン情報などの配信を行います。実証実験の規模としては、日本最大となります(当社調べ)。




 本実証実験のモニター募集、クーポンやキャンペーン情報の配信は、株式会社西日本シティ銀行、株式会社西鉄ストアがパートナーとして参画します。
 当社はNTTデータが実証実験で提供する「ビーコン活用サービス調査アプリ(以下、調査アプリ)」を開発支援し、「popinfo」「popinfoクーポン」「popinfoポイント」「popinfoゲーム」を導入しました。

◼実証実験の概要
 unerryの展開するビーコンシェアプラットフォーム「Beacon Bank」に登録されている、小売店、量販店、専門店、駅など、市内各所に設置されているビーコンを活用し、予めインストールした調査アプリで、モニターの位置情報を検知します。その位置情報に基づいたキャンペーン情報やクーポンなどをプッシュ通知で自動配信します。
 位置情報およびその移動履歴から行動動線を分析します。ビーコンによって、特定のエリアを訪れたモニターにメッセージやキャンペーン情報を自動で配信します。
 本実証実験では、調査アプリとビーコンとの技術的な接続検知を行うほか、配信情報のプッシュ通知開封状況などを分析することで、ユーザーの位置情報を活用する事業について、実現可能性や導入に向けた課題を把握することを目指します。

[画像: リンク ]


◼今後
 今後、ビッグデータに基づく市場アプローチは、ますます多様な方法で進化していくことが予想されています。本実証実験のように、位置情報を時系列で集計することで顧客の生活動線などの情報をマーケティングに活用するという手法を検討する際、場所と高さ(建物の階数)を計測することができるビーコンは、その特長を有効に発揮できると考えられています。

◼「popinfo」とは
「popinfo」はスマートフォンの待受画面に、伝えたい情報をポップアップで配信できるサービスです。スマートフォンアプリに組み込むだけで、ユーザーの位置情報、属性、時間に応じた情報配信が可能です。お店に近づいたユーザーやオンラインのユーザーを実店舗に誘導することに高い効果を発揮し、オンライン(ネット/アプリ)とオフライン(実店舗)の相互連携を促進するO2Oソリューションとして、小売業や商業施設などに導入いただいています。直近ではコミュニケーションツールとして活用いただくことで、幅広い業種に広がりを見せているほか、外国語にも対応し、海外での展開も開始しています。
リンク

◼株式会社アイリッジについて
株式会社アイリッジは、「インターネットを通じて、世の中に新しい価値を創り続けていく」という理念のもと、企業のO2O(オンラインとオフラインの相互送客)支援を行っています。スマートフォン向け位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」の提供や、アプリの企画・開発、アプリを活用した集客・販促支援を行っており、O2Oやアプリ開発の分野では業界トップクラスの実績があります。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。