logo

HEAVENSAKEがパリのアメリカン大聖堂で啓蒙パフォーマンス

HEAVENSAKE 2017年03月06日 14時14分
From 共同通信PRワイヤー

HEAVENSAKEがパリのアメリカン大聖堂で啓蒙パフォーマンス

AsiaNet 67686(0324)

【パリ2017年3月5日PR Newswire】
*パーティー写真は以下から入手可能。
リンク
(クレジット Dave Benett Getty)

パリ・コレクション期間中の2017年3月3日、パリのアメリカン大聖堂で、グローバルエリートによるHEAVENSAKEの「さらに高度な(Better High)」啓蒙パフォーマンスが展開された。カール・ヒルシュマン、ベンジャミン・エイメール、エティエンヌ・ルッソの創業者3氏がHEAVENSAKEの第2弾「Junmai Daiginjo(純米大吟醸)」の発売祝いに友人、クリエーティブ同業者を招いたのである。それは国際的に有名な南アフリカのDJブラックコーヒー、フランスのDJアゴリア、日本のDJ・ドラマーYamatoの公演を含む多重感覚体験の夜になった。体験の中には、イベントに参加したゲスト1000人以上を巻き込む中核部分「11th Hour awareness performance(土壇場の啓蒙パフォーマンス)」が組み込まれていた。午後11時45分、参加者全員は気候変動時計の針が進んでいるという認識を喚起する統一アートパフォーマンスとして、配られた黒い防毒マスクを身に着けた。このインパクトの強い表現は、アイコニックな群衆写真家、マッシモ・ヴィターリ氏によって撮影された。彼は全体シーンのスケール、深度、重々しさを具現化するため、5メートルの高さに上がった。イメージの背景には、中央祭壇上に照らされて吊り下げられた高さ3メートルの刺激的な模造盆栽植木の中心を配し、日本の遺産と目前のグローバル問題に取り組む緊急性に敬意を表した。ゲストは続いて、現代音楽と芸術表現の文化領域交差をたたえるダイナミックなパフォーマンスを楽しんだ。この夜は引き続き、新境地を開き、認識を変え、酒体験を啓発しながらゲストを熱中させるHEAVENSAKEのエートスを包含するものになった。

(Photo: リンク

出席した主なVIPは以下の通り。
シタ・アベラン、エイメリン・バラデ、ロラン・ブルジョア、ベルナール=アンリ・レヴィ、アレクサンドル・アルノー、リンジー・ウィクソン、ジュリア・レストイン・ロイトフェルド、キャット・グラハム、マグダレナ・フラッコウィアック、マチュー・シーザー、ヒバ・アブック、ステファン・アシュプール、エニコ・ミハリク、レイラ・ヤヴァリ、アジーリア・バンクス、パメラ・ゴルビン、アンナ・クリーブランド、ビアンカ・ブランドリーニ、エディタ・ヴィルケヴィシュテ、クリスティナ・バザン、ダニエル・デ・ラ・ファレーズ、シェム・ジェイコブス、アドリアナ・モラ、ピーター・デュンダス、ドイナ・チョバヌ、サイモン・ビュレット、カミーユ・シャリエール、カンデラ・ノヴェンブレ、グッチ・ギャング、オラ・ルドニツカ、ゴガ・アシュケナージ、エリーザベト・フォン・ウント・タクシス、サラ・アンデルマン、ルイ=マリ・ド・カステルバジャック、キャサリン・ババ、アンナ・デッロ・ルッソ

【編集者注意】
*HEAVENSAKEは、2017年3月3日に立ち上げられたHEAVENSAKEのeコマースサイトWWW.HEAVENSAKE.COM (リンク )限定販売。
*HEAVENSAKE Junmai Daiginjo:90.00 Pounds、720ml
*HEAVENSAKE Junmai Ginjo:45.00 Pounds、720ml

▽問い合わせ先
Gabby Wickham
gabby@wickerwood.com
+44(0)7766-688890 or

Patrick Ellerington
Patrick@wickerwood.com
+44(0)7986-501980

ソース:HEAVENSAKE

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事