logo

代理店向け新インターネットサービス『IRIS(アイリス)』の機能を充実 顧客情報や資料・動画を掲載、モバイル端末からのアクセスも向上

エヌエヌ生命保険株式会社 2017年03月06日 12時30分
From PR TIMES

中小企業向け事業保険のエヌエヌ生命

生命保険を通じて日本の中小企業を応援するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:サティッシュ・バパット、本社:東京都千代田区、以下「エヌエヌ生命」)は、代理店向け新インターネットサービス『IRIS』(以下:IRIS)の機能を 充実し、3月6日より提供を開始します。今回の変更はITの技術革新が進む中、お客さま関連情報や営業に 役立つツールをスマートフォンやタブレットなどの端末からでもより見やすく使いやすい形で掲載し、代理店へのタイムリーなサポートを提供することを目的としています。



昨今お客さまのニーズが一層多様化し、また、よりタイムリーにお客さまへのアフターサービスを行う重要性が増していることから、代理店がいつでも、またどこからでもサービスに必要な情報にアクセスできる体制が求められています。エヌエヌ生命ではそうした要望を踏まえてIRISを立ち上げ、サービスを充実させています。

IRISでは段階的に機能の拡充を進めており、昨年12月に一部のサービス提供を始めておりましたが、この度、いくつかの新しい機能を追加し、本格的にサービス提供を開始いたしました。これにより、訪問時や外出先でも必要な情報へのアクセスがより便利になり、お客さまへきめ細かいサービスを提供することが、可能になります。

エヌエヌ生命では、今後もお客さまニーズに対応し、中小企業とその経営者の皆さまが財務や財産の面で安定した将来を確保できるよう支援するため、IRISをはじめとする代理店向けサービスの強化・向上に取り組んでまいります。

新代理店向けインターネットサービス IRISの主な機能
●新契約の申込進捗状況や保全通知情報の閲覧画面を設定
(新規契約の申込状況や既契約の通知情報の確認がモバイル端末から可能に)
●トレーニングツールとしての動画や募集補助資料、研修資料等を掲載
(営業活動に役立つツールや資料をオンラインで提供)
●保有契約や代理店、募集人の検索機能を設定
(お客さまフォローに必要な情報が個別に検索できる)

[画像: リンク ]


<エヌエヌ生命について>
エヌエヌ生命は、オランダにルーツを持ち、170年におよぶ伝統を誇るNNグループの一員です。NNグループは、欧州および日本を主な拠点とし、18ヵ国以上にわたり、保険および資産運用事業を展開しています。その名は、源流である「ナショナーレ・ネーデルランデン」に由来しています。エヌエヌ生命は、1986年に日本で初めてのヨーロッパ生まれの生命保険会社として営業を開始して以来、30年にわたり、中小企業とその経営者が財務や財産の面で安定した将来を確保できるよう支援しております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事