logo

GDEPアドバンス、深層学習用ワークステーション「DeepLearningBOX」に「Quadro GP100」搭載モデルを追加

GDEPアドバンス
深層学習用ワークステーション「DeepLearningBOX」に
「Quadro GP100」搭載モデルを追加
販売を開始しました

NVIDIA(R)社の認定パートナーである株式会社GDEPアドバンス(東京都文京区 代表:飯野匡道 以下、GDEPアドバンス)は、当社の深層学習用ワークステーション「DeepLearning BOX」にNVDIA Pascal世代のワークステーションGPU「QuadroGP100」を搭載した、新たなハイエンドモデルの販売を開始しました。

「QuadroGP100」は、3584基のF32用CUDAコアと1792基のFP64CUDAコアを集積し、総メモリバス帯域幅が720GB/sに達する16GB容量の積層メモリ「HBM2」(High Bandwidth Memory 2)を組み合わせた、NVIDIAフラッグシップGPUカードであり、演算性能は倍精度で5TFLOPS、単精度で10TFLOPS、半精度では実に20TFLOPSの性能を実現しています。これにより、GPUを利用したDeepLearningの学習フレームにおいて、大幅な学習時間の軽減が期待できます。また、2枚を2つの専用ブリッジによって接続することで、最大80GB/sで接続するNV-LINKにも対応し、GPU間メモリの共有などとともに学習能力をパワフルに加速させることができます。

これまで、Quadro製品ではサポートされていなかった、半精度浮動小数点(INT8)に対応。これはDeepLearningの学習において飛躍的な機能追加であり、ディープラーニングのワークロードで最高のスループットを実現します。INT8命令で1秒あたり20テラ・オペレーション(TOPS)のパフォーマンスを誇り、オフィスのデスクサイドで使用可能なワークステーションでも多大なパフォーマンスを発揮することが可能です。

GDEPアドバンスでは、日本で初めてディープラーニングGPUトレーニング・システムの「NVIDIA(R) DIGITS(TM)ソフトウェア」がインストールされたオールインワンDeepLearning開発キットを発売しました。以来、深層学習研究において、高効率で高いパフォーマンスを発揮できるようNVIDIAディープラーニングSDKをはじめ、学習フレームのCaffe、TensorFlow、CNTK、chainer、Theano等のISVフレームワークはもとより、CUDA、DIGITS、CuDNN、cuda-convnet2などNVIDIA製ソフトウェアスタッグとの整合性と動作確認がとれたシステムを提供しています。また、主要パーツであるGPUは最大1~8基まで搭載可能でディープラーニングのトライアルから大量の学習データまで様々なお客様の要件に対応、届いたその日から安心して導入いただける深層学習(DeepLearning)研究のスピードアッププラットフォームを提供しています。

以 上

一般向け情報ページ GDEPアドバンス リンク

<株式会社GDEPアドバンスについて>
リンク
株式会社GDEPアドバンスは、「その仕事にアドバンテージを」コンセプトに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやオーバークロックワークステーション、ライブラリやコンパイラ、ソースコード解析から受託開発に至るまで、仕事や研究を加速するための手段を総合的に提供する総合ベンダーであり、NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA PartnerNetwork)」のエリートパートナーとして活動しています。

本リリース内容およびG-DEP製品の詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※NVIDIA、NVIDIAロゴは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.gdep.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。