logo

長距離IoT通信向けに、超低消費電力でコスト効率の高い、LPWAN評価用STM32開発ボードを発表

STマイクロエレクトロニクス 2017年03月03日 09時30分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、LoRaWAN(TM) や各種省電力広域ネットワーク(LPWAN : Low-Power Wide Area Network)技術(6LoWPANなど)の評価・開発を低コストで始められる2種類の新しい開発ボードを発表しました。これらの開発ボードは、現在入手可能な最も小型かつ低消費電力のLoRaWANモジュール(サイズ : 13 x 12mm以下、消費電力 :スタンバイ・モード時に1.2μA以下)をベースにしています。

STM32 LoRa(R) Discovery kitのB-L072Z-LRWAN1(価格 : 46.50ドル)は、STM32L072CZマイクロコントローラ(マイコン)とSemtech社のSX1276トランシーバを集積して一体化した村田製作所社のオープン・モジュールをベースにしています。このモジュールは、LoRaモデムを搭載しており、超長距離スペクトラム拡散方式の通信や高い耐干渉性と共に、消費電流の最小化を実現します。

このモジュールはオープンのため、開発者はSTM32L072マイコンとペリフェラル(ADコンバータ、16bitタイマ、ロー・パワーUART、I2C、SPIおよびUSB 2.0 FS(BCD / LPM対応)など)にアクセスすることができます。また、組込みソフトウェア・ライブラリのSTM32L0 HAL(ハードウェア抽象化レイヤ)およびLL API(ロー・レイヤAPI)を利用してアプリケーションを開発することができ、STM32 Nucleoの開発エコシステムや広範なArduino(TM)拡張ボードを活用して、本ボードの機能を拡張することもできます。

B-L072Z-LRWAN1 kitには、オンボード・デバッガ、STM32 Nucleo用morphoコネクタ(64ピン)、Arduino互換コネクタ、および電源ソケットが搭載されています。また、MDK-ARM統合開発環境(IDE)、初期設定ツールのSTM32CubeMXと各種ソフトウェア・ツール、STのLoRaWANプロトコル・スタック(I-CUBE-LRWAN)などの開発エコシステムを無償で利用することができます。

I-NUCLEO-LRWAN1(価格:25.00ドル)はSTM32 NucleoボードまたはArduinoボード用の拡張ボードで、LoRaによる通信やFSK/OOK(周波数偏移変調/オンオフ変調)通信用アプリケーションの開発を、メイン・ボードに接続するだけですぐに始めることができます。本ボードには、STM32L052T8マイコンとSemtech社のSX1272トランシーバを集積したUSI(R)社のLoRaWANモジュールが搭載されています。

USI社のモジュールには、ATコマンド・スタックが組み込まれており、プログラミングの手間が省けるため開発をスピードアップできます。I-CUBE-LRWANスタックは、無償で利用可能です。また、I-NUCLEO-LRWAN1ボードには、IoT機器の開発に役立つ機能として、STの3軸加速度センサ(LIS2DS12)、気圧センサ(LPS22HB)、温湿度センサ(HTS221)が搭載されています。

両ボードともLoRaWANの認証を取得済みで、860~930MHzの周波数帯域利用に関する各国(米国、EU、ロシア、インド他)の無線通信規則に準拠(1)しています。業界標準プロトコルに加え、長距離通信を行うIoT機器向けに独自のLPWANプロトコルにも対応しているため、スマート・メータ、警報システム、トラッキング装置、測位機器、環境センサ、アクティビティ・センサなどに最適です。

B-L07Z2-LRWAN1 Discovery kitおよびI-NUCLEO-LRWAN1ボードは、現在、販売代理店およびSTのウェブサイトから入手可能です。

詳細については、 リンク をご覧ください。

(1)現在、日本の無線通信規則への対応に向けた準備を行っています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2016年の売上は69.7億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCUグループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事