logo

競馬予想プログラミング競技会『第2回 電脳賞(春)』開催!前回大会の通算回収率100%を更に超えられるか?

株式会社ドワンゴ モバイル事業本部 2017年03月03日 09時25分
From PR TIMES

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)のモバイル事業本部は、競馬の予想をテーマとしたプログラミング競技会『第2回 電脳賞(春)』を3月4日(土)より開催いたします。



[画像: リンク ]


≪前回大会を超えるべく全8チームが参戦。競馬ゲーム「Winning Post スタリオン」もニコ生で予想≫
競馬の予想をテーマとしたプログラミング競技会『第2回 電脳賞(春)』では、日本中央競馬会(JRA)の公式データ配信サービスJRA-VANが提供するデータを用いて、参加するチームが独自のソフトを作成して競馬の予想に挑戦します。
前回大会で作成されたソフト『AlphaKeiba』は期間を通しての通算回収率で100%を達成。今回はその回収率をさらに上回るべく全8チームが参戦。還暦を超えるベテランプログラマーや、SPAJAM2016最優秀賞の親子プログラマー、SNSサービスなどの開発を行う女性リーダーが率いるチームなどバラエティーに富んだチームが競い合います。開幕戦である3月4日(土)のニコニコ生放送は司会に八木たかお、アシスタントに池澤あやか、天童なこを迎えてチューリップ賞【GIII】を予想、最終戦の4月9日(日)には桜花賞【GI】の予想をニコニコ生放送で行います。

また、前回に引き続きエキシビジョンでは創刊20周年を誇る競馬雑誌「サラブレ」の編集部が予想を披露。さらに今回は、競馬ゲームアプリ「Winning Post スタリオン」が特別ゲストとしてゲームを使って桜花賞を予想。注目のシュミレーション映像は4月9日(日)のニコニコ生放送で公開予定です。


≪電脳賞(春)概要≫
データ分析で競馬の予想はどこまで可能なのか!?参加者の「柔軟なアイデア」と「独創的なデータ分析力」から、優れたアルゴリズムの開発を目指す競技会。参加チームがオリジナルで作成したプログラミングソフトを用いて回収率を競い合います。

■出場チーム
・蛸坊主:30年に渡る競馬歴で競馬ライターとしても活躍するITエンジニア

・W.A.R.S. (ウォーズ):競馬予想プログラム作成、ファミコン用競馬ソフトの開発などで活躍する今大会最高齢エンジニア率いるチーム

・ニコちゃんAI競馬:SPAJAM2016最優秀賞を獲得したエンジニア・テリーと小学生エンジニア・ニコちゃんの親子チーム

・チームふへん者:帰国したばかりのリーダーと、電脳賞の為にデータ分析職に転職したプログラマー、一橋大生の異色チーム

・【Su/Ji】 (すじ):20年間指数理論の研究を行っている競馬好きで、今大会唯一のプログラミング未経験者

・CHANCE(チャンス):SNSサービスやカメラの商品開発などを行う女性リーダーが率いるチーム

・ニアークティック:元世界最大級ITコンサルファームに所属していた競馬好きITストラテジスト

・ワセダパラドックス:早稲田大学に通う競馬好きエンジニアの先輩後輩コンビ


■開催スケジュール・対象レース
2017年3月4日(土)~4月9日(日)[結果発表:最終戦(桜花賞)終了後]
・2017年3月4日(土)開幕戦 対象レース:チューリップ賞【GIII】
・2017年3月5日(日)~4月2日(日)対象レース:中央競馬のレースから1開催日につき5レースを指定
・2017年4月9日(日)最終戦 対象レース:桜花賞【GI】


■褒賞
通算回収率が100%を超えかつ参加チーム内で最も回収率が高かったチームに最大30万円を授与


■電脳賞ニコニコチャンネルページ
URL:リンク
・3月4日(土)14:30~16:00 ニコニコ生放送URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事