logo

コグニザント、日本のインテリジェント製品・ソリューション企業 ブリリアントサービスを買収

コグニザントジャパン株式会社 2017年03月02日 11時00分
From PR TIMES

コグニザントのデジタルトランスフォーメーションサービスが拡充
ビジネスにおける繋がりと連携の構築をより強力にサポート


コグニザント(NASDAQコード: CTSH)は、本日、株式会社ブリリアントサービスの買収を発表しました。ブリリアントサービスは大阪を拠点にインテリジェント製品およびソリューションを提供している企業であり、デジタル戦略、プロダクトデザイン、プロダクト設計、IoT、エンタープライズ・モビリティを専門としています。

2004年に設立されたブリリアントサービスは、革新的なスマートデバイスソリューションにより、コネクテッドビジネスの構築をサポートしています。ブリリアントサービスは、魅力あるカスタマーエクスペリエンスの形成を目指す日本の大手企業にエンドツーエンドのAndroid/iOSアプリケーション、埋め込みソフトウェア、ユーザーエクスペリエンスデザイン、O2Oサービスを提供しています。ブリリアントサービスの製品とサービスは、日本の大手電気通信事業者、製造業、メーカーにおいて利用されています。

今回の買収により、デジタルソリューションと日本市場に対して豊富な経験と知識を持つ70人のスタッフが、ブリリアントサービス社からコグニザント社に移籍します。取引条件は、非公開となっています。

コグニザントのアジア太平洋地域代表のジャヤジョティ・セングプタ(Jayajyoti Sengupta)は、次のように述べています。「あらゆる製品は、センサー、分析機能、新たなコンテンツによって “スマート” になってきています。インテリジェント製品およびソリューションは、進化する顧客需要や技術に対する要求に迅速に対応できるリアルタイムビジネスを構築する際に非常に重要です。ブリリアントサービスは、スマートデバイスやコネクテッドデバイスにおけるソリューションの企画、実装、管理において豊富な経験を有しているだけでなく、日本市場における規制要件をよく理解しており、コグニザントの日本におけるデジタルサービスを補完します。今回の買収は、コグニザントの日本市場への注力を裏付けるとともに、大阪と東京を拠点にコグニザントのビジネスを拡大するものとなるでしょう」。

また、ブリリアントサービスの代表取締役である杉本礼彦氏は、「ブリリアントサービスは、コグニザントに加わることにより、弊社の統合ソリューションをより多くのお客様にお届けできるようになるとともに、成長の機会を追求することができます。お客様がより機動的で革新的なビジネスを構築する際のお手伝いをするという共通の目標のもと、既存のお客様および新しいお客様に、拡充された専門技術、世界における経験、最善のデジタルソリューション、そして業界で高く評価されているベストプラクティスをお届けできることを、とても嬉しく思います」と述べています。

ブリリアントサービス社に関する詳細は、リンクをご覧ください。

コグニザントについて
コグニザント(NASDAQ: CTSH) は、世界をリードするプロフェッショナルサービスプロバイダとして業界を牽引し、数多くのクライアント企業の業務およびテクノロジーモデルの変革を通じて、本格的なデジタル時代への対応を強力にサポートしています。業種別に特化されたコグニザント独自のコンサルティングアプローチは、クライアント企業の未来の成長に向けたビジョンを形づくり、これまで以上に斬新かつ効率性に優れたビジネスの実践を支援します。米国に本社を置き、Fortune 500の230位にランクされるコグニザントは、Fortune誌上においても「世界で最も賞賛される企業」としての評価を獲得しています。コグニザントのサービスが実現するデジタル変革の詳細については、www.cognizant.com/japanを参照ください。また、Twitter: @Cognizant でも情報を公開しています。

ブリリアントサービスについて
ブリリアントサービスは、スマートフォン・タブレット用アプリ、クラウドソリューションなど様々なソフトウェア開発のみならず、コンテンツ企画やデザインの領域まで踏み込んだソリューションを提供しています。また、市場に新たな価値を生み出す最先端技術の研究に力を注ぎ、確かな技術力を蓄えると同時に、世間に広く発信する力のあるエンジニアを育成しています。

当社の事業内容・実績の詳細については www.brilliantservice.co.jpを参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事