logo

グリッドとPwCコンサルティングのドローンによるデータ収集とAIデータ解析サービス事業の業務提携について

株式会社グリッド 2017年03月02日 11時00分
From PR TIMES

株式会社グリッド(代表取締役:中村 秀樹、本社:東京都港区、略称:グリッド)は、PwCコンサルティング合同会社(代表執行役CEO:足立 晋、本社:東京都千代田区、略称:PwCコンサルティング)と業務提携し、ドローンを活用し収集したデータをグリッドのAI(人工知能)機械学習/深層学習フレームワーク「∞ReNom (リノーム)」で解析するサービスの開発・提供においての協業を開始します。





PwCコンサルティングは、多種多様な業種・業界での顧客ネットワークを持ち、グローバル規模でクライアントが直面する経営課題に対し、戦略の策定から実行、問題解決まで、総合的なサービスを提供するコンサルティングファームです。





「∞ReNom (リノーム)」は、グリッドが自社で開発した、深層学習、最適化アルゴリズム、DQN、生成モデルなど実用的アルゴリズムをライブラリとして備えた、ソフトウェアフレームワークです。利用には複雑な設定を必要とせず、データの前処理に必要なユーティリティなども拡充しているため、専門家でなくとも比較的容易に直感的な操作が可能となり、個別に設計する場合に比べ、比較的短い開発期間でユーザーのニーズに合わせたカスタムAIの構築が可能になります。





本提携により、グリッドとPwCコンサルティングは、人々の生活や産業の根幹となる、エネルギー、建設、農業、プラント、公共インフラなどの分野においてドローンを活用することで、人の足では困難な高所や僻地などでも効率よくアクセスし、さまざまな分野のインフラにおいてモニタリング、故障、破損などの自動検知とデータ収集を実施しデータを収集することが可能になります。それにより、低コストでの異変のチェックや設備の自動監視、工程進捗の自動管理のための継続的な点検を実現します。





さらに、収集したデータをAIで解析することにより、データの持つ意味やその背景を推察し、アルゴリズムを駆使して分析予測を行うことで、人間の目視に比べ高精度な解析を可能とします。



グリッドが持つ現実の課題に対応可能なAI技術と高度なデータ分析ノウハウを、PwCコンサルティングが持つドローン分野におけるグローバルな知見と戦略策定の豊富な経験と組み合わせることにより、お客様のビジネスのグローバルな戦略策定と事業推進において、実用的かつ総合的なサービスソリューションを提供し、両社のビジネス拡大に取り組んでまいります。

GRID ドローンサイト リンク




<株式会社グリッドについて>


グリッドは、世界で数十チームしか開発できない機械学習/深層学習のフレームワーク「∞ReNom(リノーム)」を開発・提供、旧来の統計手法や、Deep Learning、DQN、MP、CVAE、A3Cなど、機械学習に必要な多様なアルゴリズムを組み合わせ、さまざまな分野で社会インフラの課題解決事業を展開する、日本有数のテクノロジーベンチャー企業です。
リンク





<PwCコンサルティング合同会社について>


PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。
リンク








<本サービスに関するお問い合わせ>


株式会社グリッド 広報担当


電話:03-5468-7901


FAX:03-5468-8801



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事