logo

リマ・コーポレートのアドバイザリー・ボードがMichel Orsinger氏を迎える

リマ・コーポレート 2017年03月02日 11時27分
From 共同通信PRワイヤー

リマ・コーポレートのアドバイザリー・ボードがMichel Orsinger氏を迎える

AsiaNet 67634

サン・ダニエーレ・デル・フリウーリ(イタリア)、2017年3月2日/PRニュースワイヤー

リマ・コーポレート (Lima Corporate、以下リマ)は、アドバイザリー・ボードをさらに強化します。Bruno Melzi氏に関する発表に続き、もう1名が新たに加わることをお知らせします。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のGlobal Orthopedics(整形外科)部門の元会長であるMichel Orsinger氏が、2017年3月1日付でリマのアドバイザリー・ボードに加わることを決めました。

(ロゴ: リンク )

Michel Orsinger氏は、2012年~2015年の期間J&JにてDePuy Synthes Companiesの世界市場担当会長を務めました。また、J&Jのグローバルマネジメントチームの一員でもありました。J&Jがこれまでに実現した最大規模の買収額200億ドルでSynthes Inc.が買収された後、彼はJ&Jに加わりました。そして、彼は世界最大で最も総合的な整形外科領域向けの会社を設立しました。J&Jでのリーダー的役割を担う前には、Synthes Incで8年間COO兼CEOを務め、またノバルティスでは11年務めていました。

今日、Orsinger氏は投資家であるとともに、新興企業数社の取締役会のメンバーであり、EQTのアドバイザーでもあります。

アドバイザリー・ボード議長のValentin Chapero氏は次のように述べています。「当アドバイザリー・ボードは既に業界では最強の1つとなっていますが、Orsinger氏が加わることで、リマの魅力がさらに証明されました。彼の秀でた業界知識とリーダーシップ経験により、アドバイザリー・ボードは、特にさらに成長を支える点で、リマとその経営チームの価値を高めることに貢献すると私は確信しています。」

リマのCEOであるLuigi Ferrari氏は次のようにコメントしています。「業界で質の高いベテランであるOrsinger氏が、当アドバイザリー・ボードに加わることを決心してくれ非常に嬉しく思います。彼の整形外科と医療機器業界における専門知識、そして会社を成長させてきた実績は、当社の発展を加速させてくれるでしょう。」

リマ・コーポレート(Lima Corporate)について
リマ・コーポレートは、患者の生活の質を改善することに立ち向かっている外科医に対して、再生外科手術による解決策を提供するグローバルな医療機器メーカーです。リマ・コーポレートは、イタリアを本拠地とし、外科医がすべての各患者に対して理想的な解決策を選択することを可能にする革新的な商品および治療の発展に尽力しています。リマ・コーポレートは、商品として股関節・膝関節の再置換用製品および初回使用のインプラントを取り扱っており、また固定法を含む四肢に関するあらゆる治療法を提供しています。

同社についての詳しい情報はリンク へどうぞ。

ソース:リマ・コーポレート


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。