logo

JICA監修SNSアプリ「Jhappy」(ジェイハッピー)リリースのお知らせ

JICA(ジャイカ) 2017年03月01日 18時10分
From PR TIMES

JICAは「いまを知る」SNSアプリJhappyのアンドロイド版をリリース致しました(iOS版は昨年11月に先行リリース)。「世界のいまを知る/知らせる」プラットフォームツールとしてご活用ください。

 日本及び世界各国の様々なパートナーと協働し途上国の開発課題解決のための支援を行っている独立行政法人国際協力機構(JICA:ジャイカ)は、2017年3月1日に「いまを知る」SNSアプリJhappyのアンドロイド版をリリース致しました(iOS版は2016年11月先行リリース)。このアプリは、誰でも無料でダウンロード・情報発信・閲覧等ご利用いただけるアプリです。JICAは、既存のHPやSNSに加えこれを活用し、国際協力支援の現場で起きていることをよりわかりやすくご紹介していきます。また、様々な立場で事業に関わる又は関心のある国内外のみなさまに情報交換のプラットフォームサービスとして提供することで、より国際協力・交流の現場に近いところからの情報発信、異なる文化や考え方の人々との対話・学びあいの促進に貢献していきます。Jhappyを通して、世界で起きていることを、みなさまにより身近に感じていただけますと幸いです。



1.Jhappyとは
 Jhappy(ジェイハッピー)は、世界で起きていること、国際協力、国際交流、ボランティアに関心のある人々をつなぐプラットフォームです。誰でも無料でダウンロード・情報発信・閲覧等ご利用いただけます。Jhappyを使えば、インターネットで検索するよりも簡単に国際協力やボランティアに関心のある世界中の人々や情報と出会い、対話することができます。

2.アプリ概要
[画像: リンク ]

■名称:Jhappy(ジェイハッピー)
■対応言語:日本語/英語
■配信形式:スマートフォン向けアプリ(iOS、Android端末)
■利用料:無料
■特徴:
- 国際協力・交流・ボランティアに特化したSNS
- 投稿された国別に情報を閲覧できます。
- テーマ別に投稿を募集するキャンペーンに参加できます。
- 利用に応じポイント・スタンプが獲得できます。
■ダウンロード:AppStore/GooglePlayより「Jhappy」又は「JICA」と検索しダウンロード可能
iOS版:リンク
Android OS版:リンク
■Jhappy公式Facebookページ:リンク


3.サービスの背景と今後の展望
 JICAは、日本及び各国の開発コンサルタント、民間企業、関連省庁・自治体、ボランティア、留学生・研修員等、様々なパートナーと協働し途上国の開発課題解決のための支援を行っています。日本を含め世界各国が抱える社会課題は多様化しており、問題解決のためには今後も益々多くの方々の事業へのご理解・ご参画を必要としています。
 これまでJICAは、HPやSNSを活用しJICAが行う支援事業について情報発信を行ってまいりました。これに加えJhappyでは、様々な立場で事業に関わる又は関心のある国内外のみなさまに情報交換のプラットフォームサービスを提供することで、より国際協力・交流の現場に近いところからの情報発信、異なる文化や考え方の人々との対話・学びあいの促進に貢献していきます。JICAもこれを活用し、国際協力支援の現場で起きていることを、よりわかりやすくご紹介していきます。
 Jhappyを通して、世界で起きていることを、みなさまにより身近に感じていただけますと幸いです。

4.お問い合わせ先
独立行政法人 国際協力機構(JICA:ジャイカ)資金協力業務部 計画・調整課 担当:伊東

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。