logo

メキシコに2016年は記録的な3500万人の国際観光客

Mexico Tourism Board 2017年03月01日 17時54分
From 共同通信PRワイヤー

メキシコに2016年は記録的な3500万人の国際観光客

AsiaNet 67614(0297)

【メキシコ市2017年3月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界的に有名なメキシコ流おもてなしと多様な観光体験が成長促進

メキシコ観光局(Mexico Tourism Board)は1日、記録的な3500万人の国際観光客が2016年にメキシコを旅行したと発表した。2015年に比べ9%の増加で、業界の最新報告である世界観光機関(UNWTO)の2017年1月発表による世界の平均成長率の2倍を上回る。国際観光客の消費額の伸びは10.4%とさらに大きく、高級志向観光客へのメキシコの魅力、多様な目的地訪問への関心、メキシコの料理、民芸品や買い物への需要の強さを物語っている。

Photo- リンク

Logo - リンク

メキシコ観光局のルルデス・ベロ最高経営責任者(CEO)は「メキシコの持続的な急成長は観光の売り物のすばらしい質と多様性、国際、国内双方での全業界の賢明な努力の証しだ。観光・接客業界で働く900万以上のメキシコ人は訪問客にすばらしい体験をしてもらうことを使命としてきた。2017年はこの成果に上乗せし、メキシコがすべての訪問者を歓迎して何回も再訪してもらう理由を与え続けるための計画がすでに始まっている」と語った。

▽メキシコの世界的に有名なおもてなしが訪問客の居心地を良くする
「mi casa es tu casa(わが家はお前の家)」とメキシコの格言が言うように、2016年に世界中から来た旅行者がメキシコを最もくつろげて親しみやすい場所の一つと認めた。実際、メキシコ観光局の国内消費者追跡調査は業界の最も高い得点として、94%以上の訪問客が「期待を上回る」体験だった、86%が6カ月以内に「また来たい」と答えたことを示している。例は次の通り:

*世界的なTravvy Awardsで、メキシコが家族旅行先で世界1位の国、プエルトバジャルタがLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の旅行で世界2位の行き先に選ばれた。

*191カ国の外国人居住者に対するJohn Mason調査で、メキシコは3年連続で最も親切で最も居心地の良い国だった。

*「Cerca de China(中国に近い)」はホテル、レストラン、旅行業者、ガイドによる中国人旅行者への最良のサービスを伝え、評価する中国とメキシコ共同の特別プログラムである。

*「Halal Mexico」は航空会社、ホテル、レストラン、その他のメキシコ観光業界にハラル食を守る世界中からの旅行者に食事を提供できるように支援する特別プログラムである。

▽航空便利用のメキシコ観光客増加と接続性拡大
航空便で到着する観光客は、接続性の拡大継続が後押しして10.7%増とさらに急増した。これは新たな国際市場から複数のメキシコの行き先へのサービス、既存路線の増便、席数増加と乗客体験の向上をもたらす機材のアップグレードを含む。

▽世界中で宣伝され人気のメキシコ観光地
業界賞から消費者向けメディア、調査と有名ブランドまで、メキシコは2016年にまたもや世界で最も評価される観光地の一つと証明された。例は次の通り:

*ニューヨーク・タイムズは2017年に行くべき52カ所のうち、ティフアナを8位、プエルトエスコンディドを32位とした。メキシコ市は2016年の訪れるべきところのリストで1位だった。

*Travel & Leisureの「World's Best Awards」読者調査でメキシコの5都市が中南米の上位10都市に入った。サンミゲルデアジェンデ1位、オアハカ3位、メキシコ市4位、メリダ5位、グアダラハラ8位である。

*メキシコとその国内の都市や観光地は2017年初め、全体で35のInternational Travvy Awardsを受賞した。メキシコが世界のBest Family Travel Destination、リビエラマヤ地方が中南米のBest Honeymoon Destination、プエルトバジャルタが世界のBest LGBTQ観光地、ロスカボスがメキシコで最高の料理とラグジュアリーサービスに選ばれた。

*Rough Guidesはメキシコ市を訪れるべき都市の2位とした。

*National Geographicはバハカリフォルニアを2017年に訪れるべき場所の一つに挙げた。

*Sports Illustrated Swimsuit 2017はトゥルムを含むリビエラマヤ・ユカタン地方の複数の場所を2017年の最大の呼び物の一つに選んだ。

メキシコ観光局が最近発表した2017年の観光開発戦略はラグジュアリー、結婚とロマンス、ダイビング、生物多様性と自然、文化、料理、注目度の高い行事、スポーツと冒険などの分野のほか、2000年代生まれ、LGBTQ、退職者といった客層別のプログラムにも重点を置いた広範な商品の開発と個別のマーケティングキャンペーンに注力する。

これらの分野のそれぞれで、重要観光地や世界的旅行運営業者との提携があらゆるタイプの観光客に広範なオプションのポートフォリオをもたらすだろう。これらの業界の提携は世界的に新市場の広範な客にアピールするメキシコの目的に不可欠である。これは2021年までに国際的訪問客5000万人実現という新たな野心的目標の達成に役立つだろう。

メキシコに関する詳細は次を参照: www.visitmexico.com

ソース:Mexico Tourism Board

▽問い合わせ先
Melanie Garvey
Melanie.garvey@mslgroup.com 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。