logo

MWCで圧倒的な画像品質を実現する画質調整ソリューション"i-BIQ”を披露

株式会社ブライセン 2017年03月01日 17時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月1日

株式会社ブライセン

カメラモジュール向け画質調整ソリューション i-BIQ(アイビック)発売のお知らせ

組込み開発で世界をリードする株式会社ブライセン(リンク) は画質調整ソリューション“i-BIQ”を2月27日から3月2日までスペインのバルセロナで開催される世界最大のモバイル展示会、Mobile World Congress (MWC) 2017 (リンク)  で披露する。
ブライセンはこれまで大手CCD、CMOSセンサーメーカーやハイエンドカメラメーカー向けに技術開発、技術者派遣を行っており、(1)レンズ、(2)CCD/CMOSセンサー、(3)ISP(Image Signal Processing)それぞれについて最先端の画像技術を駆使してきた。今般、ブライセンが新発売する画質調整ソリューション”i-BIQ”は高品位画像を実現するためのコアソリューションとしてAE、AWB、シェーディング補正の機能を提供するもので(1)(2)(3)の組み合わせに対応した高品質の画像を実現できる。
Qualcomm(リンク) プラットフォームとも高い親和性があり、ポーティングが容易で、加えて画質シミュレーション、ライブチューニングなどの画期的な調整ツール群により画像調整期間を大幅に短縮することが可能である。ハイエンド機からローエンド機まで多様なカメラモジュールに対応するほかレンズデザインやカメラシステムの高度化も可能である。ブライセンのi-BIQは高品位だけではない、心に残る印象的な画像を実現する。
また、画像品質の検証機関として世界的に知られるDxO Mark score
(リンク) にも対応、高得点を得るための画質調整ソリューションを提供するほか、柔軟性の高い調整機能により低照度・低色温度での効果的な調整や各国の国民性、色感性に応じたローカライズにも対応する。
スマートフォン向けの小型カメラモジュールは高画素化、多機能化、デュアルカメラ化が加速しており、シングルカメラばかりではなく、デュアルカメラ向けのソリューションとして“i-BIQ for Dual Camera”についてもMWC出展を機に世界に向けて発信する。ブライセンではすでに国内スマートフォンメーカーから受注を確定、Qualcommとの共同開発契約も締結し、将来的には急成長が見込める車載カメラ(ADAS/自動運転、ミラーレス)、監視カメラ、ドローンカメラ、ロボットカメラ、衛星カメラ、AR/VR、FA市場への参入を計画している。
注)DxOはDxO Labs社の登録商標です。

日時:2017年2月27日から3月2日
場所:Hall 8.0, 8.0K11
担当:照沼、清水




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。