logo

株式会社ロックオン、EC-CUBE最新評価版「EC-CUBE 3.1α」を公開。最新版は機能もデザインもカスタマイズが簡単に。学習コスト・カスタマイズ工数の大幅減を目指す。



株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、国内No.1(※1)EC構築オープンソースEC-CUBEの最新評価版「EC-CUBE 3.1α」を公開したことを2017年3月1日発表いたします。
[画像: リンク ]



「EC-CUBE 3.1α(以下、Ver3.1α)」は次期メジャーバージョンアップであるEC-CUBE 3.1(以下Ver3.1正式版)の開発者向け評価版(※2)です。Ver3.1では、機能・UIの改善から、フレームワークのバージョンアップ、そして大きな方針として機能・デザインカスタマイズ性の大幅向上を掲げています。例えば、機能カスタマイズを行う際の修正ファイル数が現状の約1/3にすることを目標に、ソースコードや構造の見直しを行う予定です。これらの施策によりVer3.1では、初めてカスタマイズされる方の学習コストや、サイト構築時のカスタマイズ工数を大幅に削減でき、構築サイトの増加だけではなく、プラグイン、デザインテンプレート等の拡張機能も大きく増加することを見込んでいます。また、現在も多くの方にご利用いただいている旧バージョンEC-CUBE 2も、ご要望が多かったPHP7への対応を視野に、開発を進めていく予定です。
今後もブランディングや独自のおもてなしを重視するEC事業者様や、それを支援する企業様、全てにとって最高の価値を提供できるサービスを目指し、鋭意開発を行ってまいります。

EC-CUBE 3.1の情報はこちら:リンク

■EC-CUBE 3.1について
次期最新版であるEC-CUBE3.1は、これまでのマイナーバージョンアップでは実現できなかった大きな改善に着手し、更にEC-CUBE 3の理念に近づく意欲的なバージョンとなる予定です。

EC-CUBE 3.1 の開発内容
・ 機能カスタマイズ性の大幅な向上
・ デザインカスタマイズ性の大幅な向上(テンプレートの修正、及びスタイルガイドラインの提供)
・ プラグイン機構の改善(イレギュラーパターンへの対応、依存関係の解決)
・ 機能・UIの改善
・ フレームワーク「Symfony」のバージョンアップ
・ その他、3.0からの移行方法(プラグイン)の提供を含む

EC-CUBE 3.1リリースにより期待する効果
・ 機能カスタマイズに関する学習コスト、開発工数減
あわせてプラグインの増加
・ より多くのWebデザイナーがEC-CUBEのデザインカスタマイズが可能に
あわせてデザインテンプレートの増加
・ プラグイン機構改善による更なる安定化

今後のスケジュール
・ 2017年5月:EC-CUBE3.1α2 リリース予定
3.1β版、3.1正式版のリリーススケジュールは決まり次第発表いたします。

この度公開したEC-CUBE 3.1α はVer3.1の開発者用評価版です。本評価版は、特に機能カスタマイズ性向上に関するプログラム変更を行ったバージョンです。EC-CUBEでWeb制作をされている方、プラグインを作成されている方は、是非ソースコードやプログラム構造の確認をお願いします。
今後、いただいたフィードバックを下に、3.1α2、3.1β、のリリースを経て、Ver3.1正式版は2017年夏以降のリリースを目指し開発してまいります。是非多くの開発者様のご参加・ご協力をお待ちしております。

■EC-CUBE 2について
 旧バージョンであるEC-CUBE 2は引き続きメンテナンス終了期限を設けず、提供を行ってまいります。また、ユーザー様からのご要望が最も多かったPHP7への対応をメインに、バージョンアップを行う予定です。

EC-CUBE 2.x の対応内容
・ PHP7対応
・ その他不具合修正等

EC-CUBE 2.x リリースによる期待する効果
・ 表示速度向上
・ 更なる安定版へ

今後のスケジュール
・ 2017年内:EC-CUBE 2.x リリース予定
EC-CUBE 2のバージョンアップはVer3.1正式版リリース後の対応を予定しております。

■EC-CUBE 3.1開発方針説明会(機能カスタマイズ編・デザインカスタマイズ編)開催
EC-CUBE 3.1αの説明や今後の方針に関する勉強会を東京・大阪にて開催いたします。
開発者様のお声をできるだけ多くいただき、今後の開発方針にも積極的に反映したく考えておりますので、是非沢山のご参加をお待ちしております。

[表: リンク ]

-
EC-CUBE3.1開発方針説明会(デザインカスタマイズ編)は2017年4月に開催予定です。決まり次第EC-CUBEオフィシャルサイト(リンク)にて告知いたします。

■「EC-CUBE」について


ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており推定30,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3.0」をリリースしております。



■関連サイトURL
「EC-CUBE」オフィシャルサイト:リンク
「EC-CUBE」開発コミュニティ:リンク
「EC-CUBE B2B」特設サイト:リンク
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」


※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3 回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による


※2:「EC-CUBE 3.1α」は、開発者向けの評価版です。本番ECサイトにはご利用になれませんのでご注意ください。


※3:EC-CUBE 3.1正式版のリリース日は未確定です。目標より前後する場合がございます。リリーススケジュールは決まり次第、EC-CUBEオフィシャルサイト(リンク)等で告知いたします。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事